K田首相「将来に希望が持てるように」と言いながら大増税を宣言 サラリーマンが無間地獄のターゲットに

K田首相「将来に希望が持てるように」と言いながら大増税を宣言 サラリーマンが無間地獄のターゲットに
※画像はAIで生成されている場合があります。

K田首相「将来に希望が持てるように」と言いながら大増税を宣言 サラリーマンが無間地獄のターゲットに

  • 岸田首相が税制見直し答申を受け取り、将来に希望を持てる社会を実現するための大増税を宣言。
  • 見直しの対象となるのは、サラリーマンの退職金と給与で、退職金の優遇措置が減らされ、給与所得控除も見直しの対象となる。
  • 批判の声もあり、個人事業主に続いてサラリーマンが増税のターゲットになる流れに対して批判が集まっている。

日本の岸田文雄首相は「政府税制調査会」から提出された税制の見直し答申を受け取りました。岸田首相は将来世代に希望の持てる社会を実現するため、公正で活力ある税制を進める考えを示しました。この答申は2019年以来のものであり、財政状況の悪化を踏まえて、十分な税収を確保する必要性が強調されています。

報道によれば、今回の税制見直しはサラリーマンの退職金と給料に大きな影響を及ぼす可能性があります。退職金に関しては、現行の控除額について見直しを行い、税金の軽減措置を減らすという提案がなされています。現在は退職金に対して一定額の控除があり、控除額は勤続年数に応じて設定されています。また、給与所得に関しても、現在は一定割合が給与所得控除として差し引かれ、税金が軽減されていますが、この仕組みの見直しも提案されています。

この税制見直しの提案に対して、SNS上では批判的な意見が多く寄せられています。一部の人々は、生活が増税によってさらに困難になることを指摘し、政府の対応に疑問を呈しています。また、2023年10月から導入されるインボイス制度により、売上が1000万円以下の事業者も消費税を納税する必要が出てくるため、フリーランスや個人事業主に続いてサラリーマンが増税のターゲットにされる流れについても批判が集まっています。

感想
  • 素晴らしい (84)
  • おかしい (1)
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • 許せない (0)
  • 驚いた (0)

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics