K田「安倍路線からの脱却を進める」

K田「安倍路線からの脱却を進める」

  • 岸田首相が安倍路線の脱却に取り組む
  • 防衛費増額や外交政策で安倍氏とは異なる方針を採用
  • 安倍派への配慮を欠かさず、自身の政策を推進

岸田文雄首相が安倍晋三元首相の死去後、自民党内での「安倍路線」の脱却に取り組んでいることが報じられています。首相は防衛費増額や外交政策において、安倍氏とは異なる方針を採用しています。彼は「歴代政権ができなかったことをやる」という意思を持ち、自身の政策に反映させようとしています。

具体的には、防衛費増額において安倍氏が提案した国債発行に反対し、増税を主張しています。また、LGBTなど性的少数者への理解増進法の成立や、ロシアとの対ロ政策の見直しなどでも、安倍氏とは対照的なアプローチを取っています。

しかし、岸田首相は党内最大の安倍派への配慮も忘れずに行動しており、安定した政権運営には安倍派の協力が欠かせないとされています。彼は安倍氏を尊重し、彼の遺志を引き継ごうとする積極財政派の顔も立てています。

このニュースを見てどう思いましたか?
  • 腹が立つ (95)
  • 興味深い (4)
  • いいね (1)
  • びっくり (1)
  • 役に立つ (0)

News U.S. レポート 会員専用サイト News U.S. レポート 会員専用サイト

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics