中国不動産バブル崩壊の象徴 天津の117階建てビルが工事頓挫

中国不動産バブル崩壊の象徴 天津の117階建てビルが工事頓挫
※画像はAIで生成されている場合があります。

中国不動産バブル崩壊の象徴 天津の117階建てビルが工事頓挫

周囲を圧倒する存在感、天まで届くかと錯覚するような高さ――。

中国東部・天津市郊外にそびえる超高層ビル『高銀金融117』だ。117階建てで高さ597m。しかし、この高層建築は「世界一高い未完成ビル」という不名誉な異名を持つ。今年5月に現地を訪れた、ジャーナリストの高口康太氏が語る。

「まだ建設中という触れ込みですが、作業員の姿や重機はなく工事再開の気配すらありません。ところどころ雑草が生え鉄筋がむき出し、廃墟同然なんです」

高銀金融117は’08年に着工し、ショップやオフィスの複合施設として’18年には完成する予定だった。だがデベロッパーの資金難により、工事は数年前に頓挫。これまでに投入された建設費は、1兆円以上になるという。高口氏が続ける。

「現場は、天津市の中心部から車で30分ほど離れた陸の孤島です。周囲に目立った施設もなく、誰がここにオフィスを構えるのだろうと疑問を持ちました」

黒井「世界最大の廃墟ビル」でギネス申請すればいい。中国が世界一だ。

感想
  • ふざけるな (61)
  • おかしい (11)
  • やめろ (7)
  • 許せない (1)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics