【速報】米軍「中国の検閲を受け入れる映画には協力しない」

【速報】米軍「中国の検閲を受け入れる映画には協力しない」
※画像はAIで生成されている場合があります。

【速報】米軍「中国の検閲を受け入れる映画には協力しない」

英断と評する声が多い。6月末、アメリカ国防総省(ペンタゴン)が明らかにした方針についてである。いわく、中国の検閲を受け入れる映画やテレビには今後協力しない――。スクリーンのウラで繰り広げられてきた、ハリウッドと中国の攻防とは。

「『トップガン』のように軍が登場するアクション映画には、ペンタゴンは依頼があれば戦闘機や軍艦を貸し出します。宣伝にもなるからですが、無論、人手を割いて台本チェックや安全管理などを行います。なのに中国への忖度でシーンがカットされたり、ストーリーが変更されたりする。これは本来、製作サイドからしても不都合きわまりない。中国の検閲を許す作品への協力を拒む判断は正しいと思います」(デーブ氏)

黒井米軍のみならず米議会にも動いてほしい。中国翼賛映画を規制してくれ。

感想
  • ふざけるな (69)
  • おかしい (5)
  • 許せない (4)
  • やめろ (2)
  • 素晴らしい (1)
  • 驚いた (0)

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics