【速報】豪首相、中国批判に転じる「中国が危険かつ職業倫理に欠ける行動をした」

【速報】豪首相、中国批判に転じる「中国が危険かつ職業倫理に欠ける行動をした」

オーストラリアのアルバニージー首相は、日本の排他的経済水域(EEZ)にいた海軍艦船に中国軍艦が接近し豪潜水士が負傷した事案について、中国側が危険かつ職業倫理に欠ける行動をしたと指摘した。

潜水士の負傷は14日に発生。その週に開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席したアルバニージー首相は、会議の合間に習近平中国国家主席と短時間、言葉を交わしており、この件を提起したか注目されていた。

アルバニージー氏は20日、スカイ・ニュース・オーストラリアとのインタビューで、負傷者を出した今回の事案は、軍同志の「対話のガードレール」が必要なことを示したと指摘し「これは危険であり、安全ではなく、中国軍艦の職業倫理に欠ける行動だった」と述べた。

このニュースを見てどう思いましたか?
  • 興味深い (10)
  • いいね (9)
  • 腹が立つ (9)
  • びっくり (3)
  • 役に立つ (2)
【速報】豪首相、中国批判に転じる「中国が危険かつ職業倫理に欠ける行動をした」

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics