【衝撃画像】マレーシアの中国フォレストシティモール、ガラッガラのガラッガラwww

【衝撃画像】マレーシアの中国フォレストシティモール、ガラッガラのガラッガラwww

かつてそう呼ばれた60棟におよぶタワーマンション群が、マレーシア南部ジョホール州の沖合にある。心地よい海風の吹く橋の先にある、人工島に作られた『フォレストシティー』だ。だが、その「夢の島」では人影をほとんど見ない。
「『フォレストシティー』は、中国の習近平国家主席が’13年9月にシルクロードを現代に再現すると提唱した『一帯一路』構想の目玉として、’14年前半から進められている巨大プロジェクトです。4つの人工島に1棟30階前後のタワマン群を建て、20万超の部屋に約70万人が住むという壮大な計画。中国のナンバー1不動産会社『碧桂園(へきけいえん)』が手掛け、総投資額は1000億ドル(約15兆円)にのぼるといわれます」(全国紙現地駐在記者)

中国の威信をかけたプロジェクトにもかかわらず、現在の入居者は予定の70分の1の1万人にも満たないという。事業は遅々として進まず、いまだ未完成。敷地は雑草が伸び放題で、完全にゴーストタウン化しているのだ。いったい何があったのだろうか。中国情勢に詳しいジャーナリストの高口康太氏が解説する。

「『一帯一路』の目的の一つが、国内で過剰となった不動産投資を外国で行うことです。しかし国外へ進出しても、交通の便が良い好条件の土地はすでに開発されている。『フォレストシティー』のように、車でしか行けないような不便な沖合などに作らざるをえません。自国では都合良く変えられる環境アセスメントも、当該国の基準に合わせなければならず思うように事業が進まない。『新鮮な空気と海の都市』を謳(うた)っていますが、人気が出ないのも当然でしょう」

「フォレストシティー」の全貌。現在は、資金難から開発がストップしているという

空き店舗が目立つ「フォレストシティー」内のショッピングモール。活気を感じない

雑草が伸びて荒んだ印象を受ける。同地への公共の交通機関は皆無で不便さが際立つ

このニュースを見てどう思いましたか?
  • 興味深い (6)
  • いいね (4)
  • びっくり (2)
  • 役に立つ (2)
  • 腹が立つ (0)

News U.S. レポート 会員専用サイト News U.S. レポート 会員専用サイト

【衝撃画像】マレーシアの中国フォレストシティモール、ガラッガラのガラッガラwww

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics