中国政府「貸し渋りやめて!不動産業の資金繰りが悪化する!」

中国政府「貸し渋りやめて!不動産業の資金繰りが悪化する!」

中国人民銀行(中央銀行)などは27日、金融機関に対し、民間企業の資金需要に応じずに融資を停止したり、抑制したりする貸し渋りをしないよう求める通知を出した。不動産大手が相次ぎ経営不振に陥るなどの苦境に対応し、資金繰りの悪化を防止するのが狙い。

中国では中国恒大集団や碧桂園などの民間不動産大手の債務問題を発端に経済低迷が鮮明になりつつある。人民銀の通知では「民間の不動産企業の金融ニーズを満たすよう取り組む」と強調した。

中国当局は国内不動産企業が財務面で苦境に陥っていることを受け、本土銀行大手を通じた資金繰り支援を強化しているが、銀行業界にとってはさらなる難題を抱える形となっている。

  すでに不良債権の急増や過去最低水準の預貸利ざやに苦しむ中国工商銀行など金融機関は、不動産開発企業への無担保融資の提供を初めて求められる可能性がある。こうした企業はそもそも債務不履行の状況だったり、破綻の瀬戸際に追い込まれたりしているところも多い。

このニュースを見てどう思いましたか?
  • いいね (11)
  • 興味深い (8)
  • 役に立つ (2)
  • びっくり (1)
  • 腹が立つ (1)

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics