中国当局がシャドーバンクの中植企業集団を刑事捜査 債務超過5.4兆円

中国当局がシャドーバンクの中植企業集団を刑事捜査 債務超過5.4兆円

【中国の巨大な「影の銀行」中植の系列に刑事捜査】

中国当局は経営難にあえぐ同国の巨大なシャドーバンキング(影の銀行)グループ、中植企業集団系列の事業に対し、刑事捜査を最近開始したと発表。
同社は数日前、バランスシート上に364億ドル(約5兆4400億円)の不足が生じていることを認めているようです。

北京市公安局は25日、同集団系列の複数の容疑者に対して「刑事上の強制措置」を講じたと、微信(ウィーチャット)で公表。
そのうちの1人の姓は「Xie(シエ)」
公安局は投資家に対し情報提供などを要請。
中植の創業者、解直錕氏は2021年に死去したが、親戚の数人が現在、同社幹部になっているそうです。

非公開企業の中植は22日付の投資家宛て書簡で、資金が不足し「深刻な支払い不能状態」にあると説明されているようです。

▪︎引用元
Bloomberg

中国の民営複合企業、中植企業集団は23日までに負債が資産を上回る債務超過に陥っていると明らかにした。債務超過額は2200億〜2600億元(約4兆6000億〜5兆4000億円)にのぼる可能性がある。中国では不動産不況をきっかけに金融リスクが高まっている。中植はグループに信託大手を抱えており、21兆元規模の信託商品と呼ばれる投資商品が火種となりかねない。

このニュースを見てどう思いましたか?
  • いいね (12)
  • 興味深い (11)
  • 腹が立つ (1)
  • びっくり (0)
  • 役に立つ (0)

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics