中国の銀行、無茶な不動産支援強化で融資焦げ付きや人員削減恐れ

中国の銀行、無茶な不動産支援強化で融資焦げ付きや人員削減恐れ

中国当局は国内不動産企業が財務面で苦境に陥っていることを受け、本土銀行大手を通じた資金繰り支援を強化しているが、銀行業界にとってはさらなる難題を抱える形となっている。

  すでに不良債権の急増や過去最低水準の預貸利ざやに苦しむ中国工商銀行など金融機関は、不動産開発企業への無担保融資の提供を初めて求められる可能性がある。こうした企業はそもそも債務不履行の状況だったり、破綻の瀬戸際に追い込まれたりしているところも多い。

  銀行がライフラインの提供を余儀なくされた場合、すでに厳しい見通しがさらに悪くなる恐れもある。ブルームバーグ・インテリジェンスによると、工商銀など主要11銀行は2024年に不動産の不良債権でさらに引当金890億ドル(約13兆2000億円)、来年見込まれる引き当て前利益で21%相当を積まなければならなくなる可能性がある。

このニュースを見てどう思いましたか?
  • いいね (14)
  • 興味深い (9)
  • びっくり (3)
  • 役に立つ (1)
  • 腹が立つ (0)
中国の銀行、無茶な不動産支援強化で融資焦げ付きや人員削減恐れ

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics