ムーディーズ、中国の格付け見通しをネガティブに変更www

ムーディーズ、中国の格付け見通しをネガティブに変更www

格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは5日、中国の信用格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ(弱含み)」に変更すると発表した。世界2位の経済大国の債務水準を巡る世界的な懸念の強まりが浮き彫りとなった。

  中国に対する「A1」の長期格付けは据え置かれた。ムーディーズは、地方政府などへの支援に向けた財政刺激策の活用が中国経済にリスクをもたらしつつあると分析した。

  中国財政省は今回の格付け見通し変更が発表された直後に反論。「失望」を表明した上で、中国経済には「巨大な強靱(きょうじん)性と潜在力」があると主張した。不動産市場の低迷による影響についてはうまく制御されていると説明した。

 不動産市場の不振が深刻化し、中国政府は財政刺激策にかじを切りつつある。景気てこ入れの主な手段として借り入れを強化しており、今年は記録的な債券発行となる方向で、中国の債務水準を巡る懸念は高まっている。

このニュースを見てどう思いましたか?
  • いいね (11)
  • 興味深い (4)
  • びっくり (2)
  • 役に立つ (2)
  • 腹が立つ (0)
ムーディーズ、中国の格付け見通しをネガティブに変更www

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics