自動車データ持ち出し逮捕の中国籍張天文容疑者、ホンダからもデータ盗む恐れ

自動車データ持ち出し逮捕の中国籍張天文容疑者、ホンダからもデータ盗む恐れ

 東証プライム上場の電子部品大手「アルプスアルパイン」に在職中、自動車の車載電装機器の設計に関するデータを不正に持ち出したとして、不正競争防止法違反容疑で逮捕された中国籍の男が、同社を退職後に自動車大手ホンダに転職していたことが6日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁公安部はデータをホンダで利用しようとしたとみて経緯を調べる。

 男はホンダ社員、張天文容疑者(32)。同社の担当者は6日「社員が逮捕されたのは事実だが、捜査に協力しているので詳細は答えられない」と説明した。関係者によると、容疑者は両社でいずれも電装機器関連の業務を担当していた。捜査関係者によると、持ち出されたのは車の電子制御に関する先端技術だった。

このニュースを見てどう思いましたか?
  • 腹が立つ (15)
  • 興味深い (4)
  • びっくり (3)
  • 役に立つ (2)
  • いいね (0)

News U.S. レポート 会員専用サイト News U.S. レポート 会員専用サイト

自動車データ持ち出し逮捕の中国籍張天文容疑者、ホンダからもデータ盗む恐れ

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics