中国富裕層、資産数十兆円を海外へ 中国経済崩壊を見越し東京で4億円マンション購入

中国富裕層、資産数十兆円を海外へ 中国経済崩壊を見越し東京で4億円マンション購入

中国人の富裕層が今年、数千億ドル(数十兆円)規模の資産を海外に移転させている-。米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)は11月下旬、こう報じた。中国人富裕層は日本で高級マンションの物件を相次いで購入したり、海外の貯蓄型保険商品を購入したりと、資産移転の形態は様々だ。背景には自国の不動産不況や、習近平指導部の独裁体制強化といった諸要因がありそうだ。

スーツケースに大量の札束

「金の延べ棒に東京のマンション、中国のカネがいかに海外に流れているか」

NYT紙(電子版)は11月28日、世界第2位の経済大国・中国から、富裕層が資産を海外に相次ぎ移転させている現状を派手な見出しとともに伝えた。

豪華な庭で有名な東京の超高級マンション「ブランズタワー豊洲」や、夜の美しい姿が水面に映る「パークタワー晴海」の写真も掲載。中国本土からの購入者を「魅了している」との説明も添えた。

東京の300万ドル(約4億4000万円)超の高級マンションの物件購入者として中国人が台頭し、札束をスーツケースに詰め込んで支払う-との中国人向け不動産業「神居秒算」の趙潔氏のコメントも紹介している。

個人投資家の投機対象となっていた不動産市場も今、低迷を続け、富裕層の視線が一斉に海外に向いている。

習近平政権は今年7月、スパイ行為の定義を拡大した改正反スパイ法を施行するなど独裁体制を一段と強化しており、富裕層の間では、国内締め付けへの懸念も確実に広がっている。

このニュースを見てどう思いましたか?
  • 腹が立つ (11)
  • 興味深い (5)
  • びっくり (1)
  • 役に立つ (1)
  • いいね (0)
中国富裕層、資産数十兆円を海外へ 中国経済崩壊を見越し東京で4億円マンション購入

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics