中国が台湾総統選への選挙介入を議論 政治工作激化へ

中国が台湾総統選への選挙介入を議論 政治工作激化へ

中国共産党・政府が今月初め、来年1月に行われる台湾総統選に向けた「工作」を調整する会議を開催したとみられることが分かった。台湾当局者が8日までに明らかにした。台湾当局は、中国が巧妙に選挙介入を強める狙いとみて警戒している。

会議は中国の最高指導部内で台湾工作を担当する王滬寧人民政治協商会議(政協)主席が主宰した。党中央宣伝部や統一戦線工作部、国務院(政府)の台湾事務弁公室の責任者らが参加したという。

このニュースを見てどう思いましたか?
  • 腹が立つ (6)
  • 興味深い (2)
  • いいね (0)
  • びっくり (0)
  • 役に立つ (0)

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics