尖閣諸島への関心、18~29の若年層が計63.4%と最も低い 若者対策が急務

尖閣諸島への関心、18~29の若年層が計63.4%と最も低い 若者対策が急務

内閣府は8日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)に関する世論調査の結果を発表した。「関心がある」「どちらかといえば関心がある」と答えた人は計78・4%に上った。調査方法が違うため単純比較はできないが、平成25年からの過去4回の調査結果を上回り、最高となった。尖閣諸島の領有権を主張する中国の海警局船が領海侵入を繰り返していることが影響した可能性がある。これまでの最高は26年の74・5%だった。

年代別では、18~29歳の若年層が計63・4%と最も低く、年齢層が上がるほど関心が高くなる傾向が見られた。男女別では男性84・1%、女性73・0%。

このニュースを見てどう思いましたか?
  • 腹が立つ (9)
  • 興味深い (7)
  • びっくり (5)
  • いいね (3)
  • 役に立つ (2)

News U.S. レポート 会員専用サイト News U.S. レポート 会員専用サイト

尖閣諸島への関心、18~29の若年層が計63.4%と最も低い 若者対策が急務

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics