中国で不動産崩壊が加速www 金融危機が第二波に突入www

中国で不動産崩壊が加速www 金融危機が第二波に突入www

中国の金融危機が深刻化しており、不動産業界に大きな影響を及ぼしている。

  1. 金融危機の第二波
    • 不動産企業と「シャドーバンキング」と呼ばれる非銀行金融機関の破綻が続いている。
    • 銀行危機も深刻化し、中国共産党は金融業界の取り締まりを強化。
    • 多くの金融高官が失脚した。
  2. 最近の出来事
    • 天津の華夏銀行の支店長がビルから転落し、死亡した事件が発生。
    • 専門家は、中央政府が地方政府に財政支援を行わない場合、地方政府は自らの財源を探す必要があると指摘。
    • 清朝末期のような地方割拠の状況が再現される可能性。
  3. 不動産市場の動向
    • 不動産が完工せず、購入者が丸損するリスクが増加。
    • 当局の突然の規制強化が原因で、購入者は行政にも頼れない状態。
    • 中国の住宅販売は2023年12月に加速度的に落ち込み、市場の低迷が明らかに。
    • 中国房産信息集団(CRIC)の報告によると、2023年12月の新築住宅販売額は前年同月比34.6%減。
    • 大手デベロッパーの通年販売額は前年比16.5%減。

中国における金融危機も第二波が始まりました。不動産企業や影の銀行と呼ばれる銀行ではない金融機関・商品「シャドーバンキング」の破綻に続き、銀行の危機も深刻化しています。中国共産党(中共)は金融業界の取り締まりを強化し、多くの金融高官が失脚しました。

最近、天津にある華夏銀行の支店長がビルから転落して死亡したことが警察により確認されました。専門家は、中央政府が地方政府への財政支援を行わない場合、地方政府は自らの財源を探す必要があり、清朝末期の時代の地方割拠のような状況が再現される恐れがあると述べています。

本日はこの話題について、皆さんと一緒に見ていきたいと思います。

今日の動画を見終わったころに、皆さんは、中国の危機の本質が一体何なのかについて深く認識し、中共が解体していく過程についての情報を得ることになると思いますので、どうか最後まで動画をご覧ください。

中国の住宅販売の落ち込みは2023年12月に加速し、国内不動産市場の低迷を食い止めるための課題を浮き彫りにした。

12月31日に公表された中国房産信息集団(CRIC=克而瑞)の暫定集計によれば、不動産大手100社の12月の新築住宅販売額は前年同月比34.6%減の4513億元(約8兆9650億円)。11月の29.6%減よりも落ち込み幅が大きかった。

この結果、大手デベロッパーの通年の販売額は前年比16.5%減となり、CRICが先に予想した15%減より悪かった。12月の販売額は前月比では15.7%増加した。

China Home Sales Extend Slide in December

このニュースを見てどう思いましたか?
  • いいね (12)
  • 興味深い (7)
  • びっくり (2)
  • 役に立つ (2)
  • 腹が立つ (1)

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics