ロシア外相「第二次世界大戦で苦しんだから何をやってもいい?それなら我々もドイツを攻撃できる」 イスラエルを牽制

ロシア外相「第二次世界大戦で苦しんだから何をやってもいい?それなら我々もドイツを攻撃できる」 イスラエルを牽制
※画像はAIで生成されている場合があります。

ロシア外相「第二次世界大戦で苦しんだから何をやってもいい?それなら我々もドイツを攻撃できる」 イスラエルを牽制

セルゲイ・ラブロフ、ロシア外務大臣: “イスラエル人に、第二次世界大戦で苦しんだから何でもできるという印象を与えてはならない”

セルゲイ・ラブロフ、ロシア外務大臣が「イスラエル人には、第二次世界大戦で苦しんだからといって何でもできるという印象を与えるべきではない。この論理に従えば、我々にも何でも許されるはずだが、それはよくない。なぜなら、国際法を損なうことになるからだ」と発言。

ユーザー反応集

Zarpash Ahmed: 「我が家が爆撃され、おもちゃもベッドもなくなった」と4歳のシラがガザでのイスラエルの残酷さを語る。

Sheraz Qabir: 「アラブ諸国は眠っている間に、イエメンがパレスチナの自由のために戦っている」

HAFEEZ KHAN: 「レバノン、パレスチナ、イエメン、イラン、イラクは自己防衛の権利がある」

. PhD: 「イスラエルは第二次世界大戦で苦しんでいない。イスラエルは存在していなかった。苦しんだのはヨーロッパのユダヤ人で、他の多くの人々と同じだった。当時のパレスチンのユダヤ人は、何千年もの間、ムスリムの兄弟姉妹と調和して暮らしていた」

Wajiha Zainab: 「ガザの無垢な子供」

یونہی: 「戦争研究所が、ハマスがIDFが撤退し敗走した地域に再侵入していることを認めた。イスラエルは北部で重要な地を失った」

Umar عمر : 「何が変わったのか?」

Nisar Ahmed: 「犠牲者たちが苦しんだのではなく、犯罪を犯した者たち… 権力を握っていた者たちは、昔も今も決して止まらず、単に物語をでっち上げて他人を非難している?」

Soldier of Al-Mighty: 「ロシアはナチスから世界を解放した。それだけで彼らが何をしても正当化されるべきだろう? しかし、特定の人々はイスラエルにフリーパスを与えたがっている? 素晴らしいコメントだ、外務大臣」

Expat Vibes: 「ラビはヒトラーが完全に正しかったと言っている。ただ彼は間違った側(ユダヤ人に対して)にいただけだ」

感想
  • おかしい (6)
  • 素晴らしい (6)
  • 許せない (2)
  • ふざけるな (1)
  • やめろ (1)
  • 驚いた (0)

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics