【速報】米国の不動産も急落中

【速報】米国の不動産も急落中

新築一戸建て住宅の中央価格、17%下落し、2021年12月以来の最低水準に

内容: 2022年10月のピーク時から約17%下落したことで、新築一戸建て住宅の中央価格が41万3,200ドルになり、2021年12月以来の最低水準になった。3か月移動平均も41万7,900ドルに下落し、2021年10月以来の最低であり、2022年12月のピークから12.8%の下落を記録している。

【ユーザーの反応】

Lauree Leyland (@LaureeLeyland)
「家の価格は場所によって異なる。南東部を除き、家の価格や価値は安定しており、いくつかは価格上昇を見ている」

Vivek (@viveknyx)
「それは良いことだ、そうだろう?」

Luis Beldroega (@luisbeldroega)
「気を付けて、これに気を付けなければならない」

RichQuack (@RichQuack)
「新築住宅の価格、2年ぶりの最低水準に | Seeking Alpha」

William Schwandt (@Billschwandt1)
「キリスト教徒であり、共和党員であり、アメリカ人であることについての個人的見解を述べる」

Sally (@TalkWithSally)
「その家々はどのくらいの平方フィートか」

Mark Burns (@markburns4RE)
「グラフは金利の上昇に対する反応の遅さを示している。金利が3%から7.5%に上昇すると、中央価格は下落する」

DAVID HORVATH (@davidzhorvath)
「広大な新築住宅地区は、230kで建設され、LAやNYCから来た子供たちに800kで売られている。現地の人々は、その価格が本来180kであるべきだと知っている」

Oguz O. | Capitalist (@thexcapitalist)
「公正な価格は35万ドルくらいであるべきだ。41万3千ドルはまだ手が届かない」

Cultured Chad 101 (@MemeChad101)
「ここに不況がある」

このニュースを見てどう思いましたか?
  • 興味深い (11)
  • いいね (2)
  • びっくり (1)
  • 役に立つ (1)
  • 腹が立つ (0)

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics