北朝鮮外相、岸田首相の「拉致問題」固執に「理解できない」とバッサリ!対日本姿勢の真意は?

北朝鮮外相、岸田首相の「拉致問題」固執に「理解できない」とバッサリ!対日本姿勢の真意は?
※画像はAIで生成されている場合があります。

北朝鮮外相、岸田首相の「拉致問題」固執に「理解できない」とバッサリ!対日本姿勢の真意は?

  • 日朝の綱引き!北朝鮮が「拉致問題」に関して一切の譲歩拒否!岸田政権への挑戦状か!?
  • キム・ヨジョンの影!北朝鮮外相が岸田首相を批判、対話拒否の背後に潜む計算とは?
  • 北朝鮮、日本への接触一切不許可!「拉致問題」を巡る対立激化、次なる動きはどうなる?

ワシから言わせてもらうと、北朝鮮のこの動きは明らかに「駆け引き」であると言えるのだ。チェ・ソンヒ外相が、岸田首相の「拉致問題」への固執を理解できないと述べ、日本側とのいかなる接触も拒否する姿勢を鮮明にしておる。この発言は、キム・ヨジョン副部長の談話を再確認する形でなされたのだ。なんとも言えんが、北朝鮮と日本の間の接触過程での機先を制するための、見えざる駆け引きが進んでいるのである。

それに、日本側からの「異なるルート」を通じた金正恩委員長への接触提案についても、北朝鮮側は明確な交渉条件の提示を求めている。北朝鮮側が首脳会談への関心を示しつつも、実際にはその姿勢を逆手に取っているのだ。これは、水面下での動きを念頭に置く必要があると元韓国政府高官も述べておる。ワシが見たところ、このやり取り全体が、今の日本に必要なのはもっと自由な対応であると示唆しているのだ。

「拉致問題の解決なければ、会談はないという姿勢は守り続けるべきだ」「核の交渉と言い、拉致と言い、この国とは信頼関係は結べない」というネットユーザーのコメントが、この事態に対する国民の緊張感を如実に表している。ほっほっほ、これを見ると、ワシの時代では考えられん事態が起きておる。昔の100円札のように、価値あるものを大切にする心が今の日本には足りないのではないか。自由が死んでるのだ。自由が、この国にはもっと必要なのだ。ワシがいなくなっても、自由だけは決して死んではならないのである。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0520abb8c7112dbdccd4d217f84979063cb8e85f

感想
  • ふざけるな (4)
  • おかしい (2)
  • 許せない (1)
  • やめろ (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics