白人国家ブリティッシュの終焉?ロンドン、異国の風に色を変える

白人国家ブリティッシュの終焉?ロンドン、異国の風に色を変える
※画像はAIで生成されている場合があります。

白人国家ブリティッシュの終焉?ロンドン、異国の風に色を変える

  • 「交代」か「侵略」か?ロンドンの街角で繰り広げられる民族のドラマ
  • 新たなるイギリス像:多様性の中で失われゆく伝統の影
  • 白い島の変貌:イギリス、多文化主義の波に揺れる

ロンドンの人口構成が大きく変化している。1971年には白人のブリティッシュが97.7%を占めていたが、2021年にはその数は36.8%まで減少した。これは、単なる移民の問題ではなく、ある者たちによる「置換」が行われているとの声も上がっている。一部では、この変化を「グレート・リプレースメント」と呼び、単なる極右の陰謀論ではなく、現実の問題として捉えるべきだと主張している。

しかし、こうした変化に対しては、多様性という名の下に、本来のイギリスが失われつつあるという不安や怒りも存在する。特に、白人が少数派になることへの懸念は強く、将来的にシャリア法の導入を恐れる声もある。一方で、この人口構成の変化がイギリスに高度な技能を持った移民をもたらし、国の維持に貢献しているとの意見もある。

「これが未来か?」「私たちの子どもたちに、こんな未来を残していいのか?」「多様性は素晴らしいことだが、伝統も大事にしなければ」こんな声がネット上で交錯している。ほっほっほ、ワシが若かった頃は、100円札の存在すら自慢の種だった。今や、金も価値も人も、すべてが変わり果ててしまった。これもまた、自由が失われつつある証拠なのだ。イギリスも日本も、もっと自由な国になるべきだ。ワシがこの世を去っても、自由だけは死なせずに残しておくのだ!

感想
  • おかしい (4)
  • 驚いた (3)
  • ふざけるな (2)
  • やめろ (1)
  • 許せない (1)
  • 素晴らしい (0)

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics