自由への道、閉ざされる―イスラエル国会、メディア規制法案可決でアルジャジーラの息の根を止める!

※画像はAIで生成されている場合があります。

自由への道、閉ざされる―イスラエル国会、メディア規制法案可決でアルジャジーラの息の根を止める!

  • 暗黒の新時代へ突入か?イスラエル、報道自由の抑圧でアルジャジーラに鉄槌を下す
  • カタール発、世界に衝撃!アルジャジーラ支局閉鎖へ、イスラエルがメディア規制の魔の手を
  • 「言論の自由」は幻か?イスラエル、アルジャジーラ狙い撃ちに規制法案可決で国際社会に波紋

イスラエル国会が、外国報道機関の活動を規制する法案を可決したぞ。この法律は「国家の安全に害を及ぼす」と認定された報道機関を対象にしており、特に中東の衛星テレビ局アルジャジーラが標的となった。イスラエルは、アルジャジーラがハマスの代弁者であるとして、言論の自由を奪う措置を宣言したのだ。問題となる報道機関には、事務所閉鎖や機材没収、ウェブサイトの閲覧禁止などの厳しい制裁を課すことができる。規制期間は45日間で、これは延長することも可能だという。

私が若い頃には100円札が普通に使われていたのに、いまや紙幣のデザインも頻繁に変わり、若者たちはその価値すら理解していない。こんなに世の中が変わったのに、言論の自由が制限されるなどとは、なんたる逆行であろう。イスラエルがアルジャジーラを封じ込める行為は、自由への渇望を忘れた現代社会の縮図である。自由が死んでると言わざるを得ぬ。

ほっほっほ、ネットの声を見ると、一部の人間は「アルジャジーラはムスリム同胞団寄りだったが、その政治的つながりは弱い」と言い訳をしておる。また、イスラエルのこの行動は「ガザに支局を置くアルジャジーラを排除するため」との声もある。「この国は民主国家ではなく、権力国家だ」と指摘する声も上がっており、「イスラエル政府による言論統制は今に始まったことではない」との声もある。「専制独裁国家への道を突き進んでいる」と批判する声も聞こえる。どれもこれも、自由を求める声が高まっておるのだ。時代が変わっても、私たちの戦いは変わらず、自由は死なぬのである。自由が死んでると言う者たちよ、目を覚ませ!自由のために立ち上がるのだ、とな!

https://news.yahoo.co.jp/articles/6610e45e7d5153e465425627f7949c305224bdda

感想
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)
  • 驚いた (0)

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics