大統領選挙の影で激化!日本製鉄のUSスチール買収劇、政治の壁に阻まれるのか?

※画像はAIで生成されている場合があります。

大統領選挙の影で激化!日本製鉄のUSスチール買収劇、政治の壁に阻まれるのか?

  • 「買収合戦に突入」米国の名門が外資の手に!?日本製鉄が引き起こす波紋
  • 熱い視線が注がれる米鉄鋼業界!日本製鉄の大胆不敵なUSスチール買収計画
  • 選挙と買収の間で揺れるアメリカ―USスチールを巡る国際的な駆け引き

日本製鉄が米国の鉄鋼大手USスチールの買収に向けて動いておるが、米国の政治情勢と繋がりが深いことから非常に困難な道のりとなっているのだ。特に、米国では大統領選が控えており、外資による買収が政治問題として取り上げられておる。買収が完了することは、多くの利害関係者にとってメリットがあるが、政治的な影響でスムーズに進まない可能性もあるのだ。

投票での賛成率は98%以上と非常に高く、日本製鉄は市場価格を上回る額を提示しているが、バイデン大統領や労組の反対によって手続きが遅れることが予想されるのだ。安全保障や市場独占の問題もあり、米司法省の審査が長引く可能性があると言われている。

「株主は日鉄の買収に賛成した。資本主義下では会社の意思決定は株主がすると会社法でなっているのに大統領とかその支持者の労組とかがしゃしゃり出てきた」「熱延鋼板の価格を例にすると米国内が1トンあたり900ドル、他国が600ドルと、米国内市場は国際価格より1.5倍高い」「日本製鉄がUSスチールを円滑に買収の承認を得ることは出来たようですが、トランプ氏やUSWがこの買収に反対表明をしており」などのユーザーコメントがある。

https://news.yahoo.co.jp/articles/57bd5fa357156651282c6e4290f90e98ebaffb03

感想
  • おかしい (1)
  • 驚いた (1)
  • ふざけるな (0)
  • やめろ (0)
  • 許せない (0)
  • 素晴らしい (0)

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics