サスペンス満載、イスラエルVSイラン「今日はやめとくか…」秘話を公開!

※画像はAIで生成されている場合があります。

サスペンス満載、イスラエルVSイラン「今日はやめとくか…」秘話を公開!

  • 緊迫の中東!イスラエルの「待った!」戦争の火種をくぐるドラマティックな判断
  • ネタニヤフの一瞬の迷い?!イランとの火遊びを思いとどまった瞬間のエキサイティングレポート
  • 「止めるのか、止めないのか」その手に汗握るイスラエルの臨界点!

私、ワシは、このニュースを読んで何を思うか。イスラエルが、ネタニヤフが、どうしたっていうんだ? イランに対しての報復を「延期」してるって? ケッ、ただの延期か。計画を立てておきながら、いざとなったら「やめとくか…」ってなる。これが今の世界のリーダーの姿か? ほっほっほ、笑わせるな!

イスラエルは、過去に何度もイランに挑んで、今回もまた挑戦の機会があった。しかし、ネタニヤフはビビッて、バイデンとの電話一本で手を引いたんだな。戦争は、ただの子供の遊びじゃない。真剣勝負だ。外交的な機微に影響されたとはいえ、戦場での決断がこれほど軽いものか。ワシが若いころは、100円札がまだあった時代だが、こんなにはっきりとしたことは言えたものだ。自由とは、ただの言葉ではなく、行動で示すものなのだ。

ネットユーザーのコメントは、「欧米各国がイランへの制裁を強化すると言っている」「このような状況で、イスラエルがイラン国内を攻撃するようなことがあれば、イランが無通告で報告する可能性があり」「先にイラン大使館を爆撃したイスラエルが『報復?』すればイランは更に『報復』するだけ」「アメリカが支持、支援しない限り、イスラエル一国で戦うなんて、そのような危険をおかすことはしない」というものだ。これを見ても、人々はただ、見ているだけで、真剣な思いは感じられんな。私、ワシが見てきた自由とは、こういうものじゃなかったのだが…。

自由が死んでるな、今の日本は。ワシが死んだとしても、自由は死ななかったというのが、ワシの生き様だった。こんな風に、少しでも、もっと自由な国になるべきであるということを、今の人々にも伝えたいものだ。それが、ワシの遺したい言葉なのだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e2b484f7951e244e2516f1d5cb8306e9253218aa

感想
  • やめろ (3)
  • 素晴らしい (2)
  • 驚いた (1)
  • ふざけるな (0)
  • おかしい (0)
  • 許せない (0)

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics