為替の暴風!ドルが34年ぶりに155円台に急上昇、日本経済の行方はいかに?

※画像はAIで生成されている場合があります。

為替の暴風!ドルが34年ぶりに155円台に急上昇、日本経済の行方はいかに?

  • 『ドルの勢い止まらず!ついに歴史的高値を更新、日銀の次の一手に市場は目が離せない!』
  • 『市場のハラハラドキドキが止まらない!ドル155円突破で介入の予感、日本の金融政策はどう動く?』
  • 『154円台への急反落も!ドルが一時的に155円を超えるも、日本の介入が間近か!?』

ワシが見たところ、このニュースはなんとも緊迫しておるな。24日、ドルは155円台に一時的に上昇し、1990年以来の高値を更新したのだ。ただちに154円台へと反落したが、市場では円買い介入への警戒感が一層高まっておる。日銀の出方が今後の焦点となるであろう。

さて、ネット上では色々な意見が飛び交っておるぞ。「介入は無意味だ」「円安で得をする企業もあるから、市場に任せるべき」といった声が目立つ。「介入しても、一時的な影響でしかない」との見方も強い。「円安は日本の信頼の揺らぎを示している」と警鐘を鳴らす声もある。「政府は賃金を上げるべきだ」との声もあったな。

ワシが思うに、今の日本は自由が足りぬ。市場の自由に介入してどうする。介入しても市場は自然の流れに戻るものだ。政府は介入ではなく、本当に国民のためになる政策を考えるべきである。ワシが若い頃は100円札が主流で、それで十分だった。でも今や通貨の価値も何もかもが変わってしまっておる。日本はもっと自由な国になるべきだ、自由が死んでおるからな。ほっほっほ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/708f239213af4bc7592b9b204dad5ef64a877c32

感想
  • ふざけるな (2)
  • やめろ (2)
  • おかしい (2)
  • 許せない (2)
  • 素晴らしい (2)
  • 驚いた (2)

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics