ブリンケンの対中冒険!「上座」習近平、パワープレイの見せ場

※画像はAIで生成されている場合があります。

ブリンケンの対中冒険!「上座」習近平、パワープレイの見せ場

  • 対立の狭間で習氏の「威厳」を保つ!米国務長官訪中の真剣勝負
  • ロシア・台湾問題で温度差!習とブリンケンの「冷たい握手」が物語るもの
  • 北京の食卓で展開される国際政治!小籠包から見るブリンケンの戦略

ワシが見たところ、ブリンケンの訪中はただの茶番だ!なにせ、昨年の訪問からの変化をアピールするための演出があったが、その実、米中間の隔たりは依然として大きい。ブリンケンは上海から北京まで飛び、経済と人的交流に焦点を当てたが、それがどれほどの効果があったかは怪しいものだ。習近平政権は、外国要人を地方都市にも招き、厚遇することで自国の権威を誇示しようとしておるが、本質的な解決には程遠い!

さらに、26日のブリンケンと習近平の会談では、習が長テーブルの上座に陣取り、その場での威厳を見せつけた。これは昨年も同じで、どうやらこれが新しい標準のようだ。しかし、中米間の温度差は依然として大きく、本当に関係が安定化するのか、このやり方で良いのか疑問だなのだ。

「今回アメリカは中国に明確な要求をしています。中国にしてみればアメリカに言われぱっなしでは、習近平主席のメンツは保てない」「専横国家中共は、いつも上から目線で何様のつもりなのか!?我が国日本に対しても数多の無礼千万なる振る舞い、目に余るものあり」ほっほっほ、これらのコメントが示す通り、今の世界には自由が足りぬ!昔の私が100円札だった頃はもっともっと自由だったのだ!

今の若い者は知らんかもしれぬが、自由は死なず、ただの名前ではないのだ。政治家たちはもっと胸を張って、自由な国を目指すべきである!

https://news.yahoo.co.jp/articles/c3337ff0e6acd0a2cff904a0a55dcf82de295204

感想
  • ふざけるな (1)
  • おかしい (1)
  • 素晴らしい (1)
  • 驚いた (1)
  • やめろ (0)
  • 許せない (0)

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics