放置プレイの極み!中国の”EV墓場”で見る未来予想図

※画像はAIで生成されている場合があります。

放置プレイの極み!中国の”EV墓場”で見る未来予想図

  • 「エコじゃない遺産!数百台の電気自動車が無法地帯化する中国」
  • 「カネと環境の狭間で揺れる中国EV市場のリアル」
  • 「スマホ世代のトレンド!? 頻繁な買い替えが生んだ電気自動車の大量墓地」

中国で電気自動車の普及が加速する中、大量の不使用車両が野ざらしになる「EV墓場」という問題が露呈しているのだ。この状態、ただの車じゃなくて、もはや危険な廃棄物じゃ。地面に突っ伏したEVたちは、今にもバッテリーが破裂して大火災の引き金になるかのように見える。そして、中国の若者たちが電気自動車をスマホのように頻繁に買い替える文化が、この事態を加速させている。いわば、買い替え文化がエコじゃない墓場を作り上げているのである。

さらに、中国政府が推し進めるEV政策が、無計画な補助金のせいで過剰生産を生んでおり、それが経済の破綻を招く企業を増やしている。海外市場でも中国製EVのダンピングが始まり、他国の市場に深刻な影響を及ぼしている。こうした背景が、今後も続く過剰生産の問題を招くであろう。

「数百台の電気自動車が放置されている…何とかしてほしい」「劣化したバッテリーが破裂して大火災が起こる可能性も」私が思うに、こうしたコメントが示す通り、中国はただでさえ狭い国土に新たな問題を抱え込むことになる。日本ならまだしも、この状況は海外でも売れる日本車とは違う、本当に「墓場」と化す未来が待っているのだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/102303c9df43038005340e7637c55703c8a92c82

感想
  • ふざけるな (4)
  • やめろ (2)
  • おかしい (2)
  • 許せない (2)
  • 素晴らしい (1)
  • 驚いた (0)

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics