MENU
中国ニュース

新型コロナウイルス特集ページ – 感染者数や最新情報のまとめ

新型コロナウイルスの情報を集約するべきと考え、特集ページを久しぶりに作ることにした。毎日報告している感染者数の他に、コロナウイルス対策マガジンについての紹介や発行済みの記事についての概要、さらには最新の報道の引用を後ろにくっつけるような形式にしようと考えている。まとめ記事と同じく黒井が担当する。

目次

新型コロナウイルス感染者数の最新情報

感染者数の最新情報についてはWorldometerを参照することにしている。

【2020年4月1日(水) 早朝時点での感染者数まとめ】
※数字はWorldometerより

総合計:848,329人(+72,547

・米国:181,906人(+22,217) 550 *
・イタリア:105,792人(+4,053) 1,750 **

・スペイン:94,417人(+9,222) 2,019 **
・中国:81,518人(+48) 57
・ドイツ:70,985人(+4,860) 847
*
・フランス:52,128人(+7,578
) 799 *
・イラン:44,605人(+3,110) 531 *
・英国:25,150人(+3,009) 370 *
・スイス:16,605人(+845) 1,919 **
・トルコ:13,531人(+2,704) 160 *
・ベルギー:12,775人(+876) 1,102 *
・オランダ:12,595人(+845) 735 *
・オーストリア:10,122人(+504) 1,124 *
・韓国:9,786人(+125) 191 *
・カナダ:8,505人(+1,208) 225 *
・ポルトガル:7,443人(+1,035) 730 *
・ブラジル:5,717人(+1,138) 27
・イスラエル:5,358人(+663) 619 *
・ノルウェー:4,635人(+190) 855 *

・オーストラリア:4,561人(+316) 179 *
・スウェーデン:4,435人(+407) 439 *
・チェコ:3,257人(+281) 304 *
・アイルランド:3,235人(+325) 655 *
・デンマーク:2,860人(+283) 494 *
・マレーシア:2,766人(+140) 85
・チリ:2,738人(+289) 143
・ロシア:2,337人(+501) 16
・ポーランド:2,311人(+256) 61
・ルーマニア:2,245人(+293) 117
・エクアドル:2,240人(+278) 127
・ルクセンブルグ:2,178人(+190) 3,479 **
・フィリピン:2,084人(+538) 19
・日本:1,953人(+87) 15
・パキスタン:1,938人(+240) 9

・タイ:1,651人(+127) 24
・サウジアラビア:1,563人(+110) 45
・インドネシア:1,528人(+114) 6
・フィンランド:1,418人(+66) 256 *
・インド:1,397人(+146) 1
・南アフリカ共和国:1,353人(+27) 23
・ギリシャ:1,314人(+102) 126
・アイスランド:1,135人(+49) 3,326 **

・ドミニカ共和国:1,109人(+208) 102
・メキシコ:1,094人(+101) 8
・パナマ:1,075人(+86) 249 *
・ペルー:1,065人(+115) 32
・アルゼンチン:966人(+146) 21
・シンガポール:926人(+47) 158 *
・コロンビア:906人(+108) 18
・セルビア:900人(+115) 103
・クロアチア:867人(+77) 211 *
・スロベニア:802人(+46) 386 *
・カタール:781人(+88) 271 *
・エストニア:745人(+30) 562 *
・アルジェリア:716人(+132) 16
・香港:714人(+72) 95
・クルーズ船(ダイアモンド)
:712人(+0
・エジプト:710人(+54) 7

・イラク:694人(+64) 17
・UAE:664人(+53) 67
・ニュージーランド:647人(+58) 134
・ウクライナ:645人(+165) 15
・モロッコ:602人(+68) 16
・バーレーン:567人(+52) 333 *
・リトアニア:537人(+46) 197 *
・アルメニア:532人(+50) 180 *
・ハンガリー:492人(+45) 51
・レバノン:463人(+17) 68
・ボスニアヘルツェゴビナ:418人(+50) 127
・ブルガリア:399人(+40) 57
・ラトビア:398人(+22) 211 *
・アンドラ:376人(+42) 4,886 **
・スロバキア:363人(+27) 66
・チュニジア:362人(+50) 31
・モルドバ:353人(+55) 88
・コスタリカ:347人(+33) 68
・カザフスタン:343人(+41) 18
・北マケドニア:329人(+44) 158 *
・台湾:322人(+16) 14

【感染初確認】
・ブルンジ
・シエラレオネ

【感染者数0人国家】
・北朝鮮:0人

ロックダウン(都市封鎖)された国のまとめ

ロックダウン、要するに都市封鎖を実施した国家のまとめを新たに作成した。世界中すべてを調べている余裕はまだない。ひとまず日本の周辺国や米欧主要国について、感染者数が多い順にリスト化した。封鎖の時期なども順次追記していく予定だ。

【ロックダウン(都市封鎖)された国のまとめ】
・中国:1月23日から継続中(一部解除)
・イタリア
・米国
・スペイン:3月14日から約1カ月
・フランス:3月15日から14日間
・ドイツ:3月20日から14日間
・ベルギー:3月17日から4月5日まで

・英国:3月24日から21日間
・スイス
・デンマーク

・オーストラリア
・マレーシア:3月18日から約1カ月
・タイ
・イスラエル:3月19日から1週間
・南アフリカ共和国:3月26日から約1カ月
・サウジアラビア:3月26日から21日間

・インド:3月26日から約1カ月
・フィリピン
・ペルー
・アルゼンチン:3月21日から3月31日まで

・UAE
・ニュージーランド:3月25日から約1カ月
・ネパール
・ジンバブエ

※2020年3月29日時点、暫定

コロナウイルス対策マガジンについて

2020年2月2日、日本の感染者数がまだ20人だった時に”コロナウイルス対策マガジン”は始まった。中国の武漢で発生し世界的なパンデミックを引き起こしている新型コロナウイルスについて、ここ本家では公開するのが難しいデリケートな情報を扱う場として機能させるための有料マガジンだ。
マガジンというのは有料noteが1つの束になったもので、記事を1つ1つ買わなくてもマガジンを買えばすべての記事が読めるという仕組みだ。コロナウイルス対策マガジンは普通のマガジンとは異なりマスクの需給に合わせて価格や在庫を変動させる形式を取っている。マスクが不足している時ほど高く、マスクが十分に供給されていれば安くなる仕組みだ。マスク転売禁止により価格が日本政府の思惑通り下がることを期待しよう。
現在第6期まで販売が完了していて、それぞれ以下のような価格となった。販売数については非公開だが、枚数が目安になっていると思ってほしい。

第1期 “使い捨てマスク50枚入り” 660円(定価)
第2期 “Presto! マスクふつうサイズ 個別包装120枚” 1,636円(定価)
第3期 “快適ガードさわやかマスク レギュラーサイズ 30枚入” 4,250円(時価)
第4期 “快適ガードさわやかマスク 小さめサイズ ホワイト 30枚入” 3,649円(時価)
第5期 “超快適マスク息ムレクリアタイプ小さめ20枚” 4,500円(時価)
第6期 “超快適マスク プリ-ツタイプ 小さめサイズ 4+1枚入” 1,500円(時価)
   ”超立体マスク スタンダード 小さめ 30枚” 6,350円(時価)
第7期 “GVS P100/RL3 エリプス防じんマスク(消臭型)” 3,698円(定価)

コロナウイルス対策マガジンの過去記事へのリンク集

コロナウイルス対策マガジンはVol. 21まで発行されている。見れば分かるがnoteは過去記事を探しにくい仕様になっていて、どこかで記事一覧を作る必要があると考えていた。タイトルと発行日とURLを以下の一覧にまとめた。最新号ほど上に来るようにしているのは、日々状況が変わっておりそれに応じて書く内容も変化してきているからだ。

新型コロナで米国の安全保障システムは崩壊する【コロナウイルス対策マガジン Vol. 21】
2020/03/30 20:14
https://note.com/newsus/n/n3ab1176f1f50

新型コロナで世界は1919派の支配下になる【コロナウイルス対策マガジン Vol. 20】
2020/03/27 19:33
https://note.com/newsus/n/nfba24964af4a

米中戦争勃発で韓国と◯◯に国家消失の危機が訪れる【コロナウイルス対策マガジン Vol. 19】
2020/03/24 11:06
https://note.com/newsus/n/n66152ff308c8

米国が韓国を助けたことで最悪のシナリオが発動する可能性【コロナウイルス対策マガジン Vol. 18】
2020/03/20 09:39
https://note.com/newsus/n/na5aa4312081b

東京五輪中止で日本に最悪の未来が訪れようとしている【コロナウイルス対策マガジン Vol. 17】
2020/03/17 21:03
https://note.com/newsus/n/n84049147dc82

新型肺炎で米国が国家存続の危機に立たされている【コロナウイルス対策マガジン Vol. 16】
2020/03/14 08:00
https://note.com/newsus/n/nc93b30e3a9f5

緊急事態宣言で日本政府が某勢力との”戦争”に突入する【コロナウイルス対策マガジン Vol .15】
2020/03/10 20:23
https://note.com/newsus/n/n4352e6e77d3b

マスク転売禁止で日本にさらなる重大な危機が訪れる【コロナウイルス対策マガジン Vol. 14】
2020/03/07 18:02
https://note.com/newsus/n/n36e122e436a0

ダイアモンドプリンセスに日本の国体を揺るがす重大な呪いのメッセージが隠されていた【コロナウイルス対策マガジン Vol. 13】
2020/03/04 12:31
https://note.com/newsus/n/n8b7ce008b1e6

新型肺炎で韓国が”敗戦国”になろうとしている【コロナウイルス対策マガジンVol. 12】
2020/03/01 00:00
https://note.com/newsus/n/nbdd431a77c17

中国が新型肺炎のどさくさに紛れて日本を制圧する日【コロナウイルス対策マガジンVol. 11】
2020/02/26 16:14
https://note.com/newsus/n/n28476b6dfdc3

新型コロナで世界が3つに分断される日が近付いている【コロナウイルス対策マガジン Vol. 10】
2020/02/23 20:25
https://note.com/newsus/n/ne31db38affa7

新型肺炎で日本が”某国”との戦争に突入していた【コロナウイルス対策マガジン Vol. 9】
2020/02/21 18:18
https://note.com/newsus/n/nf7d016206b7c

日本が中国全体からの入国を禁止しない真の理由がここにある【コロナウイルス対策マガジン Vol. 8】
2020/02/18 21:05
https://note.com/newsus/n/n4ddfa2ffa309

マスクの件で浮き彫りになった人類の恐るべき未来とは?【コロナウイルス対策マガジン Vol. 7】
2020/02/16 09:00
https://note.com/newsus/n/nf14b4489ae18

新型肺炎に感染しやすい人と感染しにくい人がいる可能性について【コロナウイルス対策マガジン Vol. 6】
2020/02/14 09:30
https://note.com/newsus/n/n2f570f036877

ダイヤモンドプリンセスの肺炎感染者が激増している理由とその背景となる日本の重大な危機について【コロナウイルス対策マガジン Vol. 5】
2020/02/11 21:10
https://note.com/newsus/n/n5cec093edca7

【中国肺炎】日本政府が中国全体からの入国禁止をしない本当の理由が判明か【コロナウイルス対策マガジン Vol. 4】
2020/02/10 06:30
https://note.com/newsus/n/nb53e6476e7be

【中国肺炎】日本は某国との”見えない戦争”に巻き込まれている可能性大【コロナウイルス対策マガジン Vol. 3】
2020/02/07 17:59
https://note.com/newsus/n/nb1884f5ce6b1

【中国肺炎】日本が中国籍の観光客の抜け穴になっていた!とんでもない事態に発展する恐れ【コロナウイルス対策マガジン Vol. 2】
2020/02/05 16:17
https://note.com/newsus/n/n2229069283c7

【中国肺炎】なぜ米国政府と日本政府の対応に温度差があるのか?【コロナウイルス対策マガジン Vol. 1】
2020/02/03 10:30
https://note.com/newsus/n/nf9863b78dc18

中国武漢肺炎コロナウイルス対策の新企画について
2020/02/02 19:53
https://note.com/newsus/n/n6ecb993444e0

新型コロナウイルス関連の最新記事について

日々流れていく新型コロナウイルスの情報だが、大手ネットサイトでも時々目を引くような記事が見つかる。そういった最新記事を3月6日から1つ1つ引用していくことにする。不定期更新としていたが、毎日1記事ずつ取り上げていくことにした。

【3月6日】新型コロナウイルスにはL型とS型の2タイプが存在か

時事通信の記事で申し訳ないが、新型コロナウイルスに2つのタイプが存在するというものだ。中国の北京大が研究結果として発表したという。これ以上に詳しい記事は見つからなかった。

新型コロナ、2タイプか 感染力違う可能性 北京大
3/6(金) 21:42配信 時事通信

新型コロナウイルスは2種類のタイプに分かれ、感染力が違う可能性があると、北京大などの研究チームが6日までに中国の英文科学誌ナショナル・サイエンス・レビューに発表した。

中国の内外で解読された103例のウイルスのリボ核酸(RNA)を解析し、遺伝子を構成する塩基配列の違いから、7割を占めるL型と3割のS型に分類した。L型はS型から変化して出現し、感染力が強い可能性がある。武漢市ではL型が大半を占めたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200306-00000180-jij-cn

【3月7日】東京五輪の延期が本気で検討される

やはりこの話題をどこかで出さないわけにはいかないから、特集記事の中で消化しようと思う。東京五輪を延期するかどうかについてだ。現状では3つほど案が考えられるが、どれも実現するためには障害が存在することが分かっている。

新型コロナで検討される「東京五輪」延期・代替案は3つ 3月中が決定リミットか
3/7(土) 11:00配信 デイリー新潮

こんな状況で東京五輪は本当に開催できるのか――。不気味に広がる新型コロナウイルス。日本国内でも続々と感染者が確認される中、外紙などが五輪の延期や中止について言及し始めている。
・・・

「実は組織委は水面下で東京五輪の延期を本気で検討し始めています」

と、スポーツ紙記者が明かす。

その決定のタイムリミットは3月12日か26日と考えているようです。12日にはギリシャのオリンピアで『聖火採火式』が行われる。この日から19日まで聖火リレーがギリシャ国内で行われ、20日に聖火が日本に到着。26日から日本国内で聖火リレーが始まります。そうなってから『やっぱり五輪やめます』とは言えませんからね」

目下、組織委では3通りの案を検討中だといい、

一つは半年(3~4カ月)ほど延期する案。ただ、この案だと札幌に持っていったマラソンを東京開催に戻さなければならなくなるので森さんは大反対しているらしい。また、秋だと米国でスポーツのイベントが目白押しのため、テレビの視聴者がそちらに流れてしまうという問題もある」(同)

そうした背景から森会長が推しているのが「1年延期案」。

「これならマラソンも予定通り札幌でできるし、さすがにコロナウイルスも治まっているだろう、と。ただ、選手にとっては辛い。今年7月にピークを持ってくるべく練習してきたのに1年延期となれば心身はガタガタになる。下手したら代表選手選考もやり直す必要が出てくるかもしれません。で、三つ目に言われているのがロンドン代替開催案。ただ、これもなかなか難しいでしょう」(同)
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200307-00611970-shincho-soci

【3月8日】イタリアが北部に封鎖措置を実施、1,600万人が影響を受ける

まさかイタリアが中国に次ぐ大規模な封鎖に踏み切るとは。ミラノやヴェネツィアという国際都市を含む北部全体を封鎖してしまったようだ。1,600万人が隔離されたことになる。感染者数の爆発的な増加が止まらないことを受けての措置だという。WHOは相変わらず何もしないが、少なくとも欧州に関しては完全にパンデミック状態と言えるだろう。

イタリア、北部の1600万人を隔離 ミラノやヴェネツィアも対象
3/8(日) 14:08配信 BBC News

イタリア政府は8日、新型コロナウイルスの感染対策として、人口約1000万人のロンバルディア州全域や、国内北部などの14県を4月3日まで封鎖したと発表した。ミラノやヴェネツィアを含み、少なくとも計1600万人の住民が影響を受ける。一方、中国福建省で隔離施設として使われていたホテルが倒壊した現場では、少なくとも6人の死亡が確認されたという。

■隔離違反には罰則

新型コロナウイルスの感染拡大が欧州で最も深刻なイタリアでは7日、24時間以内に50人以上が死亡し、確認されている死者数が中国・湖北省に次いで多い計233人に達した。確認された感染者数も1日で一気に1200人以上増え、5883人になった。

こうした状況でイタリアのジュゼッペ・コンテ首相は、ロンバルディア州全域および14県の封鎖を発表した。経済拠点ミラノや世界的な観光都市ヴェネツィアも含まれ、総計1600万人の住民が影響を受ける。

封鎖対象の14県は、モデナ、パルマ、ピアチェンツァ、レッジオ・エミリア、リミニ、ペザロ・エ・ウルビノ、アレッサンドリア、アスティ、ノヴァーラ、ヴェルバーノ・クジオ・オッソラ、ヴェルチェッリ、パドゥア、トレヴィゾ、ヴェネツィア。

隔離措置に違反した場合は、最長3カ月の禁錮刑など、罰則の対象になり得る。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200308-51787971-bbc-int

【3月9日】新型コロナウイルスは暑さに弱いのか?

香港のウイルス研究の権威によれば、北半球で夏になればコロナウイルスの勢いは弱まるそうだ。つまりコロナは暑さに弱いと言っているのと同じことになる。だが南半球で逆に冬になってしまうから簡単に終息はしないだろうという話だ。医学的な根拠は特に示されてないものの、香港の権威の発言であり産経新聞の報道だから問題ないと判断して取り上げた。

新型肺炎、「終息しない」と香港の専門家
3/9(月) 17:41配信 産経新聞

【香港】香港大のウイルス研究の権威、袁国勇(えん・こくゆう)教授は、感染者の総数が10万人を超えた新型コロナウイルスについて「流行が終息することはないだろう」との見方を示した。香港紙が9日報じた。

新型コロナウイルスは感染力が強いとみられている。袁氏によると、北半球では夏になれば同ウイルスの勢力は弱まるが、冬を迎える南半球では活発化する。北半球でも冬になると、南半球から同ウイルスが伝播(でんぱ)するなどして勢力を盛り返す可能性がある。

世界保健機関(WHO)も6日、新型コロナウイルスについて「夏になれば消滅すると考えるのは、誤った期待だ。そのように考える根拠は現時点ではない」と指摘している。

2002年11月に初の症例が報告された重症急性呼吸器症候群(SARS)の場合、感染者数は世界全体で8千人規模にとどまり、WHOが03年7月に終息宣言を出した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200309-00000571-san-cn

【3月10日】街中でマスク姿を意外と見かける理由は?

マスク不足にも関わらず福岡の街中では意外とマスクをしている人が多いらしい。だがインタビューしてみると、手作りマスクを洗って繰り返し使っているケースが複数確認された。それ以外ではやはり朝早くから行列に並ばないと手に入らないそうだ。転売禁止でこの状況が改善されるのか、むしろ悪化するのかに注目が集まる。

どこで入手?なぜ着用?マスク姿の人に聞いてみた
3/10(火) 11:12配信 西日本新聞

新型コロナウイルスの感染拡大でマスク不足と言われているが、街中では意外とマスク姿の人を見かける。そのマスク、どこで手に入れ、どんな理由で着けていますか? 福岡県筑豊地区の街を歩き、30人に聞いた。

「花粉症なので毎年この時期はマスクを着けているけれど、今年は新型コロナ対策として少し早めになった。マスクをしている方が、自分も接する相手もお互い安心感があると思う」。こう話すのは嘉麻市の道の駅うすいを訪れていた同市の正利さん(67)。県内で感染者が確認された後、着用を始めた。花粉症用に常備しており、飯塚市に住む娘に分けているという。

田川市の会社員直也さんは息子が中学3年の受験生で、インフルエンザの予防のため11月ごろから家族で着用。コロナ対策としても欲しいが「最近はどこに行っても手に入らない」。

JR新飯塚駅で小さめの布マスクをしていた北九州市の会社員男性(58)は「子ども用かもしれん」と笑った。「コロナはどうでもいい。それより花粉」。三つ持っている布マスクを洗濯して使っている。

桂川町の女性(75)は、肺を患った経験もあり、10年ほど前から毎日マスクをしている。めがねの曇りが気になることから、手作り。「最近は材料もないらしいけど、5枚作ってあるから私は大丈夫」

ただ、筑豊地区以外に住む中学生の孫は、学校で手作りマスクの着用が許可されず、仕事をする娘に代わり5回ほど開店待ちの列に並んで使い捨てを購入した。「仕事がある人は朝から並べない。時間を分けて販売するとか、工夫があっても良いですよね」
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200310-00010004-nishinpc-soci

【3月11日】米国では武漢ウイルスという名称が定着

中国が最近新型コロナウイルスの発生源は中国ではないと言い始めたが、それに対抗するかのように米国政府が”武漢ウイルス”の単語を使い始めているようだ。中国が発生源だということを改めて世界中が共通認識として持たなくてはいけない。

米政権、武漢ウイルスと明言
3/11(水) 11:53配信 Japan In-depth

【まとめ】

・アメリカでは「武漢ウイルス」という呼称が定着。
・中国当局はウイルスの発生源が武漢だと確定していないと反発。
・米政権は中国当局の情報隠蔽が感染拡大に繋がったという認識を崩さず。

いまや日本全体を恐怖と苦痛に陥れた中国発の新型コロナウイルスをどう呼ぶべきか。

アメリカではトランプ政権のマイク・ポンペオ国務長官が「これは武漢ウイルスだ」と改めて断言した。アメリカの専門家やメディアでも「武漢コロナウイルス」という呼称が広まってきた。

だが中国政府はこの種の呼称に断固として反対する。このウイルス感染症を中国と直接に連結されることを嫌がるわけだ。この呼称をめぐる論議はいま全世界を悩ますウイルス感染症の本質にもかかわる重要な争点だといえよう。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200311-00010000-jindepth-int

【3月12日】WHOがパンデミック宣言

つい先ほど宣言されたようだ。あのテドロス委員長がついにパンデミックを宣言した。これでいよいよ世界的な大混乱は防げなくなった。ダウ平均株価も再び暴落し始めた。トランプ政権の経済対策に水を差すようなタイミングで少し怪しい。

WHO「新型コロナウイルスはパンデミックといえる」
2020年3月12日 1時40分

世界各地で感染が拡大する新型コロナウイルスについて、WHO=世界保健機関のテドロス事務局長は、「新型コロナウイルスはパンデミックと言える」と述べて世界的な大流行になっているとの認識を示したうえで、各国に対して対策の強化を訴えました。

これは、WHOのテドロス事務局長が11日、スイスのジュネーブの本部で開いた定例記者会見で述べたものです。

テドロス事務局長はこの中で、「過去の2週間で中国以外での感染者数は、13倍に増え、国の数は3倍になった。今後、数日、数週間後には感染者数と死者数、そして感染が確認された国の数は、さらに増えると予想する」と述べ、感染が今後も拡大するとの見通しを示しました。

テドロス事務局長は「われわれは、感染の広がりと重大さ、そして対策が足りていないことに強い懸念を持っている」と述べたうえで、「新型コロナウイルスは『パンデミック』と言えると評価をした」と述べ、新型コロナウイルスは世界的な大流行になっているという認識を示しました。

WHOが過去にコロナウイルスの流行を「パンデミック」だと表現したことはなく、今回の新型コロナウイルスが初めてです。

テドロス事務局長は「初めて『パンデミック』と呼ぶコロナウイルスであると同時に初めて封じ込めができるケースにもなりうる」と述べ、感染を封じ込めることは可能だとして、感染者の発見や隔離、そして治療を進めるよう呼びかけました。

WHOとしては、世界各地で急速に感染が拡大するなか「パンデミック」という表現を使うことで各国に対して強い危機感を持って対策を強化するよう促すねらいがあるものと見られます。
・・・

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200312/k10012326751000.html

【3月13日】カナダのトルドー首相の妻がコロナ感染

ついに恐れるべき事態に発展してしまった。俳優や芸能人ならまだしも、政治家のそれも首脳となると深刻さが桁違いになる。カナダのトルドー首相の妻が感染者だと発覚しトルドー首相本人も自宅隔離を受け入れたようだ。いよいよ人類はカタストロフィックな未来を受け入れる必要が出てきたかもしれない。

カナダのトルドー首相夫人が陽性 夫妻ともに自主隔離に
3/13(金) 11:54配信 共同通信

【ニューヨーク共同】米メディアによると、カナダのトルドー首相夫人のソフィーさんが12日、新型コロナウイルス感染の検査で陽性と分かった。これに先立ちカナダ政府は同日、ソフィーさんが体調不良のため、首相夫妻ともに自主隔離に入ったと発表した。

トルドー氏の健康状態に問題はないが、14日間、隔離状態となる。トルドー氏は会合などの予定をキャンセルし、自宅から公務を行う。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200313-00000095-kyodonews-int

【3月13日】トランプが東京五輪の1年延期案について話す

トランプが東京五輪の1年延期案について話したとのことだが、安倍首相に提案するつもりはなく個人的意見にとどめる意向のようだ。

トランプ氏「東京五輪は1年延期すべき」、新型コロナ流行で
3/13(金) 1:14配信 ロイター

[ワシントン 12日 ロイター] – トランプ米大統領は12日、新型コロナウイルスの世界的流行を踏まえ、2020年東京五輪を1年延期することも関係者は検討すべきとの考えを示した。

ホワイトハウスで記者団に「可能なら1年延期するのがいい」と指摘。ただ、安倍晋三首相には公式に提案するつもりはないと述べた。

また「無観客の競技場で実施するよりは良い」と述べ、延期がより良い選択だという見方を示した。

TBSによると、新型コロナの影響で東京五輪・パラリンピックを開催できない場合、延期が現実的な選択肢と述べた組織委員会理事の高橋治之氏は11日夜、延期の判断時期について「5月では遅いのではないか」という認識を示した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200313-00000001-reut-asia

【3月14日】WHOテドロス委員長が安倍首相を称賛

時事通信で申し訳ないが、エチオピアでも初の感染者が出たこと、また日本がWHOに資金を拠出したことが影響しているのか知らないがテドロス委員長が安倍首相をべた褒めしたようだ。日本人から見ても利己主義の塊のようなこの男がWHOのトップにいること自体が災厄だ。

WHOトップ、安倍首相を称賛 資金拠出に謝意
3/14(土) 5:04配信 時事通信

【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は13日にジュネーブで行った記者会見で、新型コロナウイルスへの日本の対応について「安倍(晋三)首相の主導の下での政府挙げての対策」が、感染の抑制に決定的な役割を果たしていると称賛した。

さらに、日本が今週、WHOの同ウイルス対策に1億5500万ドル(約166億円)の資金拠出をしたとして、謝意を表明した。また、中国と韓国、シンガポールについては「積極的な検査、接触者の捕捉」が感染拡大を防げることを示したと評価した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200314-00000009-jij-int

【3月15日】トランプもコロナウイルス感染の疑い

トランプが新型コロナの検査を実施したそうだ。15日午前の時点で結果は判明してないものの、万が一陽性となれば世界へ与える衝撃は計り知れないものとなるだろう。先週発表した対策をも無意味化させる衝撃がやってくるかもしれない。

トランプ氏が新型コロナ感染を検査…結果はまだ、発熱などなし
3/15(日) 2:12配信 読売新聞オンライン

【ワシントン】米国のトランプ大統領は14日、ホワイトハウスでの記者会見で、13日夜に新型コロナウイルスの感染を調べる検査を受けたと明らかにした。結果はまだ判明していないが、発熱などの症状はないという。

トランプ氏は13日の記者会見で検査を「おそらく受けることになるだろう」と述べていた。トランプ氏は7日、フロリダ州でブラジルのボルソナロ大統領と会談し、その後、同席していたブラジル政府高官のウイルス感染が判明した。トランプ氏は高官と記念撮影なども行っていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200315-00050112-yom-int

【3月15日】トランプ、検査結果は陰性

トランプのコロナウイルス検査結果が出た。陰性だったらしい。メモの公表だけというのがやや引っ掛かるが、これで今週からは株価も大きく戻すものと思われる。

トランプ大統領は感染せずとホワイトハウス
3/15(日) 8:45配信 共同通信

【ワシントン共同】米ホワイトハウスは14日、トランプ大統領の新型コロナウイルス検査の結果は陰性だったとする専属医によるメモを公表した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200315-00000021-kyodonews-soci

【3月16日】英国政府の劇的なコロナ対策に多数の科学者が反対

英国政府が諸外国と真逆の対応策を取ったことで話題になっている。学校の休校も含めて国民の行動を一切制限せずに、感染を広めるだけ広めて抗体を作らせて対抗するというものだ。隔離したところでどうせ拡大は止まらないからという理由でドラスティックなやり方に踏み切ったが、当然のごとく科学者からの反対に遭うことになった。もしも隔離が必要ないと証明されればそれはそれで恐怖でしかないが。

イギリス独自のウイルス対策、「国民の命を危険に」と多数の科学者反対
3/15(日) 19:42配信 BBC News

BBC科学担当編集委員

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、イギリスの科学者229人が14日、英政府にこれまでよりも強硬な措置を実施するよう呼びかけた。

イギリス各地の大学の科学者たちは公開書簡で、政府の現在の対応では国民健康サービス(NHS)の負担がいっそう高まり、「必要以上に大勢の命を危険にさらす」ことになると主張している。

科学者たちは、英政府の首席科学顧問、サー・パトリック・ヴァランスが、感染拡大を管理すれば国内人口のウイルスに対する免疫が高まると発言したことも批判している。書簡に署名した人数は15日午前までに300人を超えている。

これに対して英保健省は、科学者たちがサー・パトリックの発言を誤解していると反論した。

英政府は、厳しい行動制限の導入が早すぎると市民はやがて我慢しきれなくなり、それが感染流行のピーク時に重なってしまいかねないと懸念しているが、この見解を疑問視する行動科学の専門家たちもいる。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200315-51894727-bbc-int

【3月17日】EUが外部からの入域を30日間禁止

世界経済が分断されようとしている。EUへの入域を30日間禁止するそうだ。場合によってはさらに延長されるという話だ。今後は世界中あちこちで同様の対応が取られることになるだろう。現状の検査数を増やしまくるやり方だとそうなるしかない。世界は最悪の方向に向かいつつある。

EU、非加盟国からの入域30日間禁止へ 新型コロナ対策
3/17(火) 4:10配信 ロイター

[ブリュッセル 16日 ロイター] – 欧州連合(EU)は16日、新型コロナウイルスの感染拡大阻止に向け、非EU加盟国の国民が不要不急の要件でEU域内に入ることを30日間禁止することを提案した。ただ、こうした措置は遅きに失しただけでなく、規模が小さ過ぎるとの批判が出ている。

EUの執行委員会である欧州委員会のフォンデアライエン委員長は「人の移動が少なければ少ないほど、ウイルスの封じ込めは容易になる。このため、加盟各国政府、および首脳に対し非EU加盟国の国民が不要不急の要件でEU域内に入ることを一時的に禁止するよう呼び掛ける」と表明。入域制限の実施期間は30日間だが、必要に応じて延長される可能性もあるとした。

入域制限は1月にEUを離脱した英国のほか、アイルランドには適応されないが、EU加盟国ではないものの欧州を国境検査なしで自由に移動できる「シェンゲン協定」に加盟しているアイスランド、ノルウェー、スイス、リヒテンシュタインにも適用され、30カ国が適用対象国となる。

欧州では新型ウイルスの感染拡大に伴い、シェンゲン協定加盟国に対しても国境が閉ざされたり、医療データや医療機器の共有が拒否されるなど、域内で分断化が見られ始めている。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200317-00000021-reut-eurp

【3月18日】トランプ、感染を制御できていないと認める

前日まで強気だったトランプが急に弱気に転じた。コロナウイルスは制御できてないと断言し、前日の姿勢を1日で転換させてしまったのだ。感染は8月まで落ち着かないだろうとも言い始め、米国が東京五輪に参加できなくなる未来を示唆し始めた。

コロナ拡大「制御できてない」トランプ氏、一転認める
3/17(火) 23:11配信 朝日新聞デジタル

トランプ米大統領は16日、ホワイトハウスで会見し、新型コロナウイルスについて「世界のどこでもコントロールできていない」と述べた。経済への悪影響を懸念し、前日までは制御に自信を見せていたが、感染が急速に広がる現実を前に、拡大を抑え込めていないことを認めた格好だ。

トランプ氏は会見でまず、感染拡大が落ち着く時期の見通しを問われ、専門家の見解を紹介する形で「彼らは8月、7月かもしれないし、もっと長くかかるかもしれないと見ている」と答えた。

これを受け、記者から「あなたは昨日、『素晴らしく制御できている』と発言した。5カ月も先の8月まで今の状態が続くのであれば、発言を見直すか」と質問が出た。

この問いに答えて、トランプ氏は制御できていないことを認めた。

前日まで「とてもうつりやすいウイルスだが、我々は素晴らしく制御できている」などと述べていたことから、認識が一日で変わったと米メディアは伝えた。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200317-00000097-asahi-int

【3月20日】米国ニューヨーク州で1日8,000人がコロナ検査を受ける

トランプ政権が検査数を大幅に増やす方向に舵を切ったことで、ニューヨーク州だけでも1日8,000人が検査を受けることになった。その結果米国で感染者数が急増している。米国も医療崩壊への道を突き進んでしまうのだろうか?

NY州、新型コロナ感染急増の見通し 一晩で8000人検査=知事
3/20(金) 1:10配信 ロイター

[ニューヨーク 19日 ロイター] – 米ニューヨーク州のクオモ知事は19日、同州で昨夜8000人が新型コロナウイルスの検査を受けたと明らかにした。米国内で実施された検査としては最大規模の検査とみられることから、検査結果が判明すれば感染例が急増する公算が大きいと警告した。

ニューヨーク州保健当局によると、米国ではこれまでに約9000人の新型コロナ感染が確認され、うち3000人超は同州内という。18日時点で国内の死者は151人、うちニューヨーク州では66人となっている。

クオモ知事は実際の感染総数がこれまでに確認されている感染例の10倍に達する可能性があるとも警告。今後5─6週間後に迎えるとみられるピーク時には11万人の入院、約2万5000─3万7000人の集中治療室での治療が必要となる可能性があると試算した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-00000008-reut-n_ame

【3月21日】アフリカでコロナ感染国が激増、感染者のいない国は希少に

WHOのテドロス委員長の出身国エチオピアで感染者数が9人になったが、それだけでなくアフリカ全土に感染が拡大しつつあることが分かる。大陸だけでなくマダガスカルなどの島国も陥落した。もはや地球上に安全な場所はほとんど残されていない。

アフリカで感染が急拡大 36カ国900人、医療は脆弱
3/20(金) 20:37配信 朝日新聞デジタル

アフリカ諸国で新型コロナウイルスの感染が急拡大し、入国禁止や非常事態宣言に踏み切る国が相次いでいる。中国や欧米に比べると感染者数は少ないものの、医療体制が脆弱(ぜいじゃく)な国や地域が多いことから、世界保健機関(WHO)が支援に乗り出している。

WHOアフリカ地域事務所のモエティ所長は19日、「アフリカ全体で感染国が急速に増えているのを深く懸念している。封じ込めや地域住民への感染防止のために支援していく」と記者会見で訴えた。

アフリカの54カ国のうち感染者が確認された国は、20日までに36カ国に達し、1週間前に比べて20カ国以上増えた。感染者数は全体で約900人に上っており、欧米諸国などから入国した人の感染が多くを占めていることが特徴だ。

アフリカ東部エチオピア出身のテドロス・アダノムWHO事務局長は18日、「おそらく、発見されていないケースや未報告のケースがあるだろう」との予測を示し、さらなる感染拡大に備えるよう求めた。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-00000052-asahi-sctch

【3月22日】新型コロナによる封鎖措置、今までの生活は元に戻らない可能性

新型コロナ封じ込め策として世界の多くの国が封鎖措置を取り始めたが、果たしてこの措置はいつ終わりを迎えるのか?社会と経済の損失を最小限に抑えるには早期の封鎖解除が必要だが、3カ月経っても収束できる保証はない。各国が出口戦略を失っているという話だ。解決のためにはワクチン、自己免疫、生活スタイルの劇的な変化のうちどれかが必要になる。

新型コロナウイルスの大流行はいつ終わる? 生活はもとに戻るのか?
3/21(土) 11:46配信 BBC News

BBC健康科学担当編集委員

世界がバタバタと閉じている。かつては日々の暮らしで大忙しだった場所が、ゴーストタウンと化している。生活にはとてつもない制限が加えられている。ロックダウン(封鎖)や一斉休校、渡航制限から大規模集会の禁止に至るまで。

疫病に対する世界の反応としては、まったく並ぶものがない。しかし、いつになったら終わるのか。そして、いつになったらもとの生活に戻れるのか。

イギリスのボリス・ジョンソン首相は、12週間のうちにイギリスはウイルスに対して「形勢を逆転できる」だろうし、イギリスはウイルスを「追い払う」ことができるはずだと述べた。

しかし、たとえ今から3カ月の間に感染者が減り始めたとしても、まだまだ終わりからは程遠い。首相は潮目を変えると言ったが、潮が完全に引くまでにはかなりの時間がかかる。下手をすると何年もかかるかもしれない。

社会の大部分を停止させるという現在の戦略を、長期的に継続するのは不可能だ。それははっきりしている。社会と経済の損失は、とてつもないものになる。

各国は「出口戦略」を必要としている。様々な規制を解除して、平常に戻るための方策だ。

けれども、新型コロナウイルスは消えてなくなりはしない。

ウイルスを押さえ込んでいる規制を解除すれば、症例は否が応でも一気に増える。

英エディンバラ大学のマーク・ウールハウス教授(感染症疫学)は、「出口戦略はどういうもので、どうやって今の事態から抜け出すのか、大問題を抱えている」と話す。

「イギリスだけではない。どこの国にも、出口戦略がない」

科学にとっても社会にとっても、これはとてつもない問題だ。

この混乱から抜け出すための方法は、煎じ詰めれば次の3つだ。

・ワクチン
・相当数の人が感染して免疫をつける
・自分たちの行動や社会のあり方を恒久的に変える

どの道を選んでも、ウイルスの拡散を防ぐ効果がある。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200321-51974942-bbc-int

【3月23日】タイのバンコクで感染者激増、事実上の封鎖に

中国からの観光客入国を長い間許していたバンコクだが、ここに来て感染者数が爆発的に増加していることから都市封鎖に踏み切ったようだ。格闘技の試合で集団感染が発生したのが理由とされている。日用品や食料品以外は買うことができなくなるらしい。

格闘技で集団感染…タイ・バンコクが事実上“封鎖”に
3/22(日) 17:30配信 FNN.jpプライムオンライン

タイの首都バンコクは3月21日、市内のデパート(食料品店や日用品除く)や娯楽施設などの営業を3週間禁止すると発表した。それに先立ちタイ政府は入国規制の厳格化も発表した。これまで規制が比較的緩やかだったタイだが、地元当局がここにきて相次いで厳格な措置に踏み切っている。その背景にあるのは、1週間前から始まった感染者数急増への危機感だ。そして急増の主要因の一つが、タイの格闘技「ムエタイ」競技場で発生した集団感染である。

「無観客措置」も手遅れ…格闘技で集団感染

体が衝突するたびにリング上に飛び散る汗。両手両足を使って様々な技を繰り出す選手たち。立ち技の世界最強格闘技といわれるタイ式のキックボクシング「ムエタイ」のワンシーンだ。

タイの国技である格闘技「ムエタイ」の二大殿堂の一つ、ルンピニー・スタジアムで3月6日に行われた試合で集団感染が発生していたことが分かった。他の競技場でも感染が発覚し、現時点でムエタイ絡みの感染者数は観客やその家族など合わせて125人に上っているが、政府はさらに数百人が感染している恐れもあるとみていて、事態は深刻だ。

この試合会場には当時、有名な俳優やタイ軍関係者、有力政治家、そして大勢のファンが来場していた。感染発覚が遅れたこともあり、潜在的な感染者はすでにタイ全土に広がっている。タイ当局は参加者の追跡を最重要課題と位置づけていて、封じ込めに必死だ。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200322-00010005-fnnprimev-int

【3月23日】中国の本当の感染者数は13万人か?

中国当局が無症状の感染者を除外していたことが判明した。実際には感染者数は今より少なくとも43,000人多い13万人を超える可能性があるという。誰も中国の発表なんて信じていないけど、それが明るみになってしまった形だ。

4万3千人以上を統計に含めず 中国、無症状者除外と報道
3/23(月) 0:27配信

【北京】香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(電子版)は22日、中国政府の機密データを根拠に、2月末時点で新型コロナウイルス感染者のうち、約3分の1の4万3千人以上が発熱やせきなどが出ない無症状者だったと報じた。検査で陽性となりながら、統計では感染者に含まれていなかった。

中国政府は2月、無症状者は感染者に含めない方針を発表していたが、無症状者の数は非公表だった。

統計で2月末の中国本土の感染者は約8万人。これに無症状者を加えると12万人を超えることになる。

中国や韓国などは、感染者との濃厚接触者について症状の有無に関わらず検査し、無症状の感染者を割り出して隔離している。このため有症者のみを検査対象としている他国に比べ、感染の拡大を抑制できたと同紙は分析している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200323-00000503-san-hlth

【3月24日】中国が無症状は陽性にカウントしないうそ統計を採用

中国のうそ統計の実態が徐々に明らかになってきている。中国では無症状であれば陽性だったとしても感染者数にカウントしないようにしているそうだ。これで1日の感染者数増加ペースがたったの数十人という奇怪な現象も説明できる。世界中が正直に申告しているのに、中国だけうその統計でごまかすのは許されないことだろう。

“武漢感染者ゼロ”中国症状なければ数えず
3/23(月) 15:56配信 日テレNEWS24

新型コロナウイルスの感染が集中する中国の武漢市では、5日連続で新たな感染者はゼロと発表されたが、発表を疑問視する声が挙がっており、当局が説明に追われている。

武漢市では今月18日以降、新たな感染者はゼロと発表されているが、今月20日、市内の一つの地区が住民に対し感染者が発生したと通知した。感染者とされた男性は検査で陽性だったという。

これを受けて武漢市当局は声明を出し、男性に症状はなく政府の基準に沿えば感染者には含まれないと説明した。

中国政府は、検査で陽性が出ても症状がなければ隔離による観察対象にはするものの、感染者には計上しない手法をとってきた。ただ、ネット上では「政府のメンツを優先して実情を見ないようにしているのでは」と疑問視する声も出ている。

また、香港メディアは22日、中国政府の内部文書から感染者4万3000人以上が「無症状」を理由に統計から除外されていたことが明らかになったと報じた。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20200323-00000283-nnn-int

【3月25日】アジアやオセアニア諸国でのロックダウンの状況

日本人が多く住むタイでもロックダウンが決まったことで、日本にとってもロックダウンが身近な言葉として定着しつつある。ロックダウンされた都市は今どういう状況になっているかが詳しく書かれたこの記事を読んで予習しよう。

アジア、静まり返った街 ロックダウンで深まる住民と企業の不安
2020年3月24日

東南アジアや南アジア、そしてオセアニアで、人の移動を制限したり企業活動を禁じたりするロックダウン(封鎖)に踏み切る国が増えている。この地域で判明している新型コロナウイルス感染者数は欧州や米国に比べれば少ないものの、手をこまぬいていれば感染に歯止めがかからなくなるとの懸念が強い。人・モノの移動と、それに伴う経済活動を今は犠牲にしても、感染拡大を抑え込もうと各国が強行策に踏み切っている。

各国報道などによると、いち早くロックダウンに動き出したのはフィリピンで、3月15日からマニラ首都圏を、17日にはマニラを含むルソン島を封鎖した。生活必需品を購入するなどやむを得ない場合を除き住民の外出を禁じている。18日にはマレーシアが全土で移動制限を実施し、スーパーや薬局などを除き、政府機関や企業の事業所を閉鎖した。

先週末から封鎖の動きが加速した。22日に全土に外出禁止令を出したインドは、24日の午前中までに30の州・連邦直轄領にまたがる地域を封鎖した。国鉄や地下鉄、バスの運行は停止し、国際線も原則として着陸できなくなった。24日深夜には国内線の運行も止まる見通しだ。生活必需品を売る店舗を除き、民間事業所も閉鎖を迫られている。

タイでは首都バンコクで22日までに娯楽施設と、スーパーや薬局などを除く商業施設が閉鎖した。さらに23日には隣国との陸路国境も原則閉鎖すると発表している。既に外国人の入国を禁止しているオーストラリアでは23日、娯楽施設やレストランなどの営業が停止。ニュージーランドは同日、24日深夜からロックダウンに踏み切ると発表した。
・・・

https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00118/032400008/

【3月25日】チャールズ皇太子がコロナ陽性

今日からサブタイトルの日付は記事のタイムスタンプに準じることにする。英国のチャールズ皇太子が陽性反応を示したそうだ。今のところ健康状態には問題ないとされているが、王位継承順位1位ということもあり英国中に動揺を与えている。同じ立憲君主制の日本国民としても英国の人達の心中を察する場面だ。

英皇太子が新型ウイルス陽性、女王は体調良好 王室発表
3/25(水) 20:04配信 AFP=時事

【AFP=時事】英国のチャールズ皇太子(Prince Charles、71)の公邸クラレンスハウス(Clarence House)は25日、皇太子が新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したと発表した。

チャールズ皇太子はエリザベス女王(Queen Elizabeth II、93)の長男で、王位継承順位第1位。

クラレンスハウスによると、皇太子は新型ウイルス感染症の軽い症状を示しているものの、「良好な健康状態を維持している」という。

また妻の「カミラ夫人(Camilla, Duchess of Cornwall)も検査を受けたが、新型ウイルスはない」としている。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200325-00000037-jij_afp-int

【3月26日】米国が首都ワシントンD.C.を事実上ロックダウン

米国の首都ワシントンD.C.ですべての企業の生産活動が停止された。生活に必須な業種を除いてだ。事実上のロックダウン措置と考えれられる。期間は4月25日まで。

ワシントンDC、1カ月間の企業閉鎖命令 生活に必須の業種除く
3/26(木) 10:22配信 ロイター

[ワシントン 25日 ロイター] – 米首都ワシントンDC当局は、新型コロナウイルスの感染防止のため、生活に必須の業種を除くすべての企業の閉鎖を命じた。期間は25日夜から1カ月。

バウザー市長は声明で「生活に必須の業種を除くすべてのビジネスの現場での活動を一時的に停止するほか、10人以上の集会も禁止とする」とした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200326-00000048-reut-asia

【3月26日】新型コロナウイルスは高温多湿でも活動弱まらず?

夏までに収束するだろうという楽観的な予測を否定するような見解が出された。シンガポールのような高温多湿地域でもウイルスが弱体化しないことを受けての見通しだ。ただし室内でエアコンをかけて乾燥している場合もあるから、本当に高温多湿でも弱体化しないかは検証が必要だろう。

新型コロナ、夏に終息の公算小 高温多湿でも活発=欧州当局
3/26(木) 0:41配信 ロイター

[ブリュッセル 25日 ロイター] – 欧州疾病予防管理センター(ECDC)は25日、新型コロナウイルス感染拡大が夏に終息する公算は小さいとの見通しを示した。研究結果によると、シンガポールのような高温多湿の熱帯地方でも、ウイルスの活動が弱まらないという。

ECDCは、この分析が「感染者の隔離や職場でのソーシャル・ディスタンシング(社会的距離戦略)、学校閉鎖など一連の措置の重要性を浮き彫りにした」と指摘した。

さらに、迅速に対応しなければ、欧州では4月半ばまでに集中治療室の病床が不足すると警鐘を鳴らした。

また、新型コロナが空中で最長3時間生存するほか、銅に付着した場合は最長4時間、段ボールは最長1日、プラスチックやステンレスは2─3日生存するというデータも示した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200326-00000004-reut-eurp

【3月27日】マスクの次は医療用ゴム手袋が不足か

手袋の6割を生産しているマレーシアがロックダウンを発動したことで、世界的な手袋不足が懸念されるという話だ。現在多くの工場が5割の稼働率らしく、需要増に対応できていないという。

手袋が「慢性的に不足」と警告-生産世界一のマレーシアの協会
3/27(金) 11:50配信 Bloomberg

(ブルームバーグ): 世界が手袋不足に見舞われている。その上、手袋生産で世界一のマレーシアが実施している大規模な新型コロナウイルス封じ込め策が問題を悪化させている。

マレーシアゴム手袋生産者協会に加盟する企業は、世界の手袋5組のうち3組を生産。同国政府が広範な封鎖措置(ロックダウン)を発動し、生産工場が配置人員の削減を余儀なくされていることから必須の医療用品である手袋が世界で「慢性的に不足」すると同協会は警告している。

世界最大の手袋メーカーであるトップ・グローブによれば、欧米をはじめとする各国からの需要が同社の生産能力を上回っており、注文への対応が最大4カ月遅れている。

マレーシアは新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、全国的な移動制限を敷いている。多くの企業に事業の休止を命じ、それ以外の企業についてはできるだけ多くの従業員を自宅にとどめておくよう指示。同協会によると、大半の手袋メーカーは5割の工場スタッフという特例措置を受けているが、一部のメーカーは労働力を総動員する認可を通商当局から得ることを模索している。

新型コロナの医療現場では医療用品が不足し、世界各国の政府はマスクや人工呼吸器、ガウンなどの確保と、そうした在庫を積み増そうと躍起だ。そのため大手手袋メーカーの多くが工場のフル稼働を迫られているが、マレーシアが新型コロナ感染拡大の「第2波」と闘う中で、地元の手袋メーカーは生産を抑制せざるを得ない。

同協会のデニス・ロー会長は26日の電話インタビューで、「今の需要は異常で、病院は手袋が不足している」と指摘。「われわれが望む量を供給することができないが、これはわれわれが選択したことではない」と語った。

原題:The World Could Run Out of Gloves as Plants Curbed in Lockdown(抜粋)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200327-77411188-bloom_st-bus_all

【3月27日】ボリスジョンソン英首相がコロナ陽性、自宅隔離へ

首脳への感染は初か?ボリスジョンソン英首相が陽性と判定され自宅隔離に入ったようだ。世界中の首脳が相次ぎ陰性を発表するのは明らかに怪しいと思っていたが、そういう中でのジョンソン首相の誠実さには好感が持てる。

英首相、新型コロナ陽性と発表 保健相も
3/27(金) 20:32配信 AFP=時事

【AFP=時事】(更新、写真追加)英国のボリス・ジョンソン(Boris Johnson)首相とマット・ハンコック(Matt Hancock)保健・社会福祉相は27日、自身に対する新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たことを相次いで発表した。

ジョンソン首相は「過去24時間に軽い症状があり、新型ウイルス検査で陽性反応が出た」とツイッター(Twitter)で発表。現在は自主隔離しているものの、政府の新型ウイルス対策の指揮を遠隔で続けていくとしている。

首相官邸の発表によると、ジョンソン氏は26日に軽微な症状を呈し、医療関係者の勧めで検査を受けたところ陽性との判定が出た。首相のパートナーで、現在妊娠中のキャリー・シモンズ(Carrie Symonds)さんの健康状態は公表されていない。検査は官邸内で、国民保健サービス(NHS)の職員が実施したという。

首相の発表から1時間余り後、ハンコック氏も自宅からソーシャルメディアに投稿した動画メッセージで、感染を公表。症状は軽度だとした上で、来月2日まで自主隔離を行うと説明した。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200327-00000041-jij_afp-int

【3月28日】志村けんが新型コロナで入院、会話できない状態が続く

大御所の志村けんが入院してから数日が経過したが、未だに意識が戻らないという。事務所が発表したコメントにも本人の言葉はなく、会話ができない状態と言われているそうだ。一刻も早い回復が望まれるが…。

《実兄が告白》新型コロナ入院の志村けん「会話はできてないんじゃないか」
3/28(土) 11:00配信 文春オンライン

「陽性だと聞いて、心配でしょうがない……。映画(『キネマの神様』)を降板したというのも知り、けんは出演を楽しみにしていたから」

3月27日、「週刊文春デジタル」の取材にそう語るのは、志村けん(70)の実兄・志村知之氏(73)だ。

世界中で新型コロナウイルス感染が拡大する中、激震が走ったのは3月25日だった。所属事務所のイザワオフィスが志村の新型コロナウイルス陽性と入院を公表。重度の肺炎を患い、ICU(集中治療室)で治療を受けているという。
・・・

現在、志村は感染症の専門医がいる新宿区内の病院に転院して、人工心肺装置を装着しているという。容体について事務所は「本人も病状の回復に全力で努めております」と、コメントしている。

「人工心肺装置を装着していることから、回復には月単位の期間が必要になるとも言われています。年齢を重ねて体力も落ちている。事務所の発表したコメントには志村さん本人の談話がなく、意識がはっきりしていない可能性がある(前出・スポーツ紙記者)
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200328-00036918-bunshun-soci

【3月29日】BCGが新型ワクチンに効果か、臨床試験開始へ

日本で感染者数が爆発的に増えていない理由の1つとしてBCGのワクチン有無が関係している可能性がある。確かに米欧の悲惨な状況とは差があると思ったが、もしかすると重症化を防ぐ役割を持つのかもしれない。

豪研究所がBCGワクチン臨床試験へ、新型コロナに効果か
3/29(日) 1:56配信 TBS News i

新型コロナウイルスの感染が世界に広がる中、オーストラリアの研究所が、結核予防に使われるBCGワクチンが新型コロナウイルスに効果があるかどうかを調べるため臨床試験を開始すると発表しました。

これは、オーストラリア第二の都市、メルボルンにある医療研究所「マードック・チルドレンズ・リサーチ・インスティチュート」が27日、発表したものです。研究所は、発表で、新型コロナウイルスに似たウイルスの感染者に結核予防用のBCGワクチンを使うことで、ウイルスの数が減ったという研究結果があることから、WHO=世界保健機関の承認を受け、臨床試験を始めるとしています。

BCGワクチンは、日本を含め世界で毎年1億3000万人の子どもに接種されており、人間の免疫機能を高める効果があるということです。

研究所は、今後、オーストラリアにいる4000人の医療関係者を対象に臨床試験を行うことにしており、新型コロナウイルスの脅威にさらされている医療の最前線に立つ人たちの命を守れればと期待しています。(28日13:56)

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20200329-00000002-jnn-int

【3月29日】新型コロナウイルスの疑問点まとめ

BBCが新型コロナウイルスについての基本的な情報をまとめて解説している。まだまだ分からない点も多く、あいまいな表現にとどめている個所が多い。

【解説】 新型コロナウイルス、まだ分かっていない数々のこと
3/29(日) 20:58配信 BBC News

BBC健康科学担当編集委員

もうはるか大昔のことのように思えるが、世界が新型コロナウイルスの存在に初めて気づいたのは、昨年12月のことだ。

世界中の科学者がウイルスの仕組み解明に精力的に取り組んではいるものの、まだ分からないことはたくさんある。そのため私たちは誰もが、惑星規模の実験に参加して、真相究明に参加しているのだ。

まだ答えが得られていない大きな疑問をいくつか、挙げてみる――。

■1. どれだけの人数が感染したのか

これは最も基本的な、そして最も重要なポイントのひとつだ。

世界中で実に数十万人の感染が確認されているが、実はこれは総数の一部に過ぎない。そして、無症状感染者の数、つまり感染はしたものの症状が出ない、具合が悪くならない人の数はもっと分からないだけに、実際の感染者の数はますます分からなくなる。

抗体検査が開発されれば、すでに感染していたかどうかは調べられる。それができて初めて私たちは、このウイルスがどれだけ広がっているのか、あるいはどれだけ楽々と拡散しているのか、理解できるようになる。

■2. 実際の致死率は

何人が感染したのか分からなければ、致死率も確かなことは分からない。現時点では、感染した約1%が死亡すると推計されている。しかし、症状の出ない患者が実は大勢いるのならば、死亡率はこれより低くなる。

■3. どこからどこまでが症状なのか

新型コロナウイルス感染による主な症状は、発熱と空ぜきだ。まずこれが出てないか、気をつける必要がある。

喉の痛み、頭痛、下痢の症状が出たという報告も一部ではある。また、においが分からなくなる嗅覚の異常も、一部の患者に出るようだという見方が増えている。

しかし何より重要なのは、鼻水やくしゃみといった、軽い風邪のような症状も、新型コロナウイルス感染によって引き起こされるのかどうかだ。

この可能性もあると示唆する研究もあり、そうだとすればウイルスを保有しながらそうと気づいていない人が、周囲にウイルスをうつすおそれがある。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200329-52080723-bbc-int

【3月31日】イタリアが安定局面に入りそうだとWHO

WHOの言うことだから信用はできないが、イタリアが近く安定局面に入る可能性があるという。確かにここ最近の感染者数の増加幅はわずかながら減ってきているが、それよりもやはりロックダウンを実施したかどうかを重要視している傾向がある。テドロス委員長以外の担当者なら多少は聞く気にはなれる。

伊の新型コロナ流行、近く安定化の可能性 警戒は必要=WHO
3/31(火) 2:00配信 ロイター

[ジュネーブ/ローマ 30日 ロイター] – 世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は30日、イタリアで過去数週間に実施されている厳格な外出制限措置が奏功し、近く新型コロナウイルス流行安定化の兆候が確認できる見通しと述べた。しかし、引き続き警戒が必要とも呼びかけた。

ライアン氏はイタリアでのロックダウンと厳格な措置が2─3週間実施されていることを考慮すると、間もなく安定するはずだ。なぜなら足元の感染例は2週間前の罹患を反映しているからだ」と指摘。

「イタリアやスペインの状況が安定局面に迫っていることを望むが、ウイルスが自然に消滅することはなく、公共衛生上の取り組みによって封じ込める必要がある」と述べた。

マスクの着用に関しては、他人への感染を防ぐために感染者のマスク着用を推奨する一方、健康な人のマスク着用は特にメリットがないため推奨しないとした。

イタリアで確認された新型コロナウイルスによる死者数は過去24時間で812人増え、1万1591人になった。一方、感染者数は4050人増の10万1739人。感染者の増加数は3月17日以来の低水準だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200331-00000017-reut-cn

【3月31日】米軍の病院船がニューヨークに到着

感染爆発で医療崩壊を起こしているニューヨークに病院船が到着した。象徴的な写真が掲載されている。米国での犠牲者数が9.11同時多発テロ時を超えたことも1つの節目と言えるだろう。米国中が戦時の雰囲気になりつつある。

新型コロナ、米の死者3000人超に 軍病院船がNY市の医療支援へ
3/31(火) 3:02配信 ロイター

[ニューヨーク 30日 ロイター] – 米国で30日、新型コロナウイルスによる死者が3000人を超えた。ロイターの集計によると、この日の死者は少なくとも540人。死者は累計3017人、感染者は累計16万3000人以上となっている。米国の感染者数は世界最多。

感染者が特に多いニューヨーク(NY)市の病院には、既に受け入れ上限を超えて患者が殺到しており、これらの病院を支援するため、米海軍の病院船「コンフォート」が30日、マンハッタンに到着した。同船(病床数1000)では、新型コロナ感染者以外の治療に当たり、手術や救急診療も提供するという。

NY市のデブラシオ市長はコンフォート到着を受け、「戦時のような雰囲気の中、全ての人が団結する必要がある」と発言。同船派遣についてトランプ大統領や連邦政府、米軍に感謝の意を示した。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200331-00000020-reut-n_ame

【3月31日】ブラジル大統領がロックダウン拒否、国民に働くよう呼びかける

ある意味でトランプよりも問題発言が多いブラジルの大統領だが、新型コロナについてもなめた態度を取っているようだ。どうせみんないつかは死ぬともっともらしいことを言いながらロックダウンを拒否し経済活動をやめないよう国民に要請している。その一方でブラジルの感染者数は増え続けてついに南米初の5,000人突破国となった。

ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがいつかは死ぬ」
3/31(火) 19:54配信 ニューズウィーク日本版

<感染者が急増中の大国で、科学を信じないリーダーのせいで感染予防が行えない。パンデミックの次の震源地になるか>

ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領は、新型コロナウイルスは「ちょっとした風邪」にすぎないと一蹴し、国民に働いて経済を動かし続けるよう呼びかけている。ロックダウン(都市封鎖)にも反対で、自らの支持者に対してその理由をこう言った。「私たちはみな、どうせ死ぬのだ」

アメリカのドナルド・トランプ大統領とよく並べて語られるボルソナロは3月29日、全国規模の隔離を命じるよう求める州知事たちとの何週間にも及ぶ論争を跳ね返し、パンデミック軽視の姿勢をますます鮮明にした。ブラジル保健省の発表では、同国における新型コロナウイルスの感染者数は4661人、関連死者数は165人だ。それでもボルソナロは、3月15日に支持者たちと会った際、握手で挨拶を交わしていた。最近では、他国で行われている外出制限等に触れ、「大量監禁」だと批判した。

「ウイルスは存在する。私たちはそれに立ち向かわなくてはならない。男らしく戦おう。子どものようにふるまうのはやめよう!」。ボルソナロは3月29日、大統領官邸前に集まった支持者に対してそう語ったと、AP通信は伝える。「私たちはみな、いずれは死ぬのだ」
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200331-00000020-reut-n_ame

関連記事