MENU
コロナウイルス対策マガジン

【コロマガ】最新号Vol. 38「米中戦争の戦場は香港ではなく◯◯」の補足事項について

この記事は今日の朝に発行されたコロマガ日本支部Vol.38「米中戦争の戦場は香港ではなく◯◯の見どころとその内容に関する追加情報の記事となる。記事へのリンクを埋め込む。

コロマガVol. 38の目的は”彼ら”の反応を見ること

コロマガ日本支部Vol. 38の紹介と追加情報についてやろうと思うんだけど、どういう風にしようかね?今回は秘匿情報が多いからあまり多くを話せない。何かいい案はないかな?
う~ん・・・。これは、◯◯の部分がホントに重要です!国家機密だと思います。
う~んこれはってwww まあいいや。俺がなぜこういうことをしたかというと、無料と有料の壁を作って”彼ら”の反応を見ようと思ったんだよね。読者諸君もよく知ってるようにnoteには基本的に“無料会員限定記事”というものがない。逆に考えれば、お金を払ってくれた人だけに対して明確にメッセージを発信することが可能になるとも言える。クリエイター視点の仕組みと言えるね。
確かに、黒井さんはクリエイターのような気もします。コロマガ海外支部5号は、ホントに情報量が詰まってるし、見た目も派手です!
コロマガ海外支部はキュレーションを無茶苦茶豪華に膨らました感じと言えるかもな。参考画像とかおもしろ画像ををこれでもかと大量に乗っけている。コーナーごとに話すことがパッパッと切り替わっていくのは作り手としても楽しめるものだ。そういう意味で日本支部の方は異例の形態と言えるね。
会員限定記事って、基本的には外で話される事はないですよね?
少なくとも”公の場”ではないからな。加えて我々の場合購入できるタイミングを不定期にしてるからね。買えなくて次の機会を待つ人が山ほどいるというような記事が外部に漏れた場合にはそれなりの対策を講じることになる。だからこそ”彼ら”の反応が変わるかどうかを見たい。

コロマガ海外支部ではおなじみの”グリーン氏”について

読者の皆さん、ホントにすみません。この「彼ら」というのは、絶対に本家では話せないです!
いやまあ特定の人物や集団ってわけでもないけどね。反応が変わったという話では、実際グリーン氏の周辺とか空気が変わり始めた感じがしない?何となくこう冷ややかというか。あまり最近は確認してないけど。
香港のデモの時は、疑問を持つ人が多かったですね・・・。正面から批判する人もいて、大丈夫なのかなって思ったんです。
意外とアンチ多いよねあの人。我々としては観察対象の域を出ないし論評はさせてもらうけど、それにしても唖然とするツイートばかりで大丈夫なのかこの人は?と思うことが多い。
グリーン氏についてはコロマガ海外支部ではおなじみとなっている。第1号辺りから登場しているはずだから、まだ誰のことだか分からない人は次回の購入機会を待ってほしい。
「香港ではなく」というタイトルが付いてるので、香港の話を続報として出せばいいのでは?
まあそうだな。やんわりと絡める感じで補足情報となる報道を探してみるかね。それとも何か見つけた?
まだです!ちょっと探してみます。
香港の報道を探しながら”香港ではなく”を示唆するって相当難しいけどな。俺も探すよ。

補足情報:英国政府が香港市民のために動く

この記事はどうですか?

英ジョンソン首相、香港数百万人にパスポート発給の考え示す
2020年6月3日 12:30

【6月3日 AFP】英国のボリス・ジョンソン(Boris Johnson)首相は2日、中国政府が香港に「国家安全法」を導入した場合、香港住民数百万人に英国のパスポートを発給する方針を示した。

ジョンソン氏は英紙タイムズ(Times)と香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(South China Morning Post)への寄稿で、「香港の多くの人々が、自分たちの生き方が脅かされていると感じている」「もしも中国がこの恐怖を正当化するのであれば、英国は良心に照らして、ただ肩をすくめて立ち去るわけにはいかない。代わりにわれわれは自分たちの義務を引き受け、別の方法を提示する」と述べた。

ジョンソン氏によると現在、香港住民の約35万人が英国にビザ(査証)なしで入国し最長6か月まで滞在できる英国海外市民パスポートを持っているが、さらに250万人にこのパスポートを申請する資格を付与することを検討しているという。

ジョンソン氏は「もしも中国が国家安全法を導入するのであれば、英国政府は移民規則を改定し、香港でこれらのパスポートを持つ全員に更新可能な12か月間の英国内の滞在を許可し、就労権その他の移民権を付与する。これによって市民権獲得への道も開かれ得ると記した。

また、国家安全法は「香港の自由を奪い、香港の自治を劇的に侵食する」ものだと批判。導入されれば「英国は香港の人々との深い歴史と友情の絆を守るしかない」とも書いている。
・・・

https://www.afpbb.com/articles/-/3286325

うまい!絶妙だねこの記事は。そうか英国がBNOの対象を拡大か…。しかもその期間も延長し、さらには就労権も付与すると。破格の待遇だよ。
これだと、あの事が起こるリスクが下がりますよね?イギリスが、助けてくれたんだって思いました。
ここで少しだけ解説ておくと、◯◯は英国のことではない。米国は今暴動でそれどころではないだけに、この問題に対して唯一有効な手を打てる先進国になりつつあるからな。救援部隊としてジョンソン首相に感謝したいところだ。
ちょっと待て。今回は“彼ら”とか“あのこと”とか不確定なワードが多すぎるな。コロマガ読者向けにも解説が必要な気がしてきた。それとも読者ならすぐに分かると思うか?
でも、そういう言い方にしないと、すぐバレてしまいそうなので・・・。
いやまあ、アイキャッチ画像が大ヒントなんだけどね。正直そこまで隠匿する気はなく単に無料と有料の壁を作りたかっただけなんだ。分かる人には瞬時に分かるが、そういう人にとっては読みたくないような話が書かれているという構造になっている。知らない人は多いかもしれない。
ボクは、何となく怖いなって思ったんです。それに、何の写真だかもまだ教えてもらってないんです・・・。
怖いか?怖さを強調したつもりだ。それこそがVol. 38の根底にあると言える。最後にリンクを埋め込む。まだ購入できてない人も大勢いると思うが、次回の販売日時は未定だ。販売告知は例によってnote側でしかやらないから注意してほしい。
関連記事