トランプ政権

米大学教授「韓国経済の危機はこれからだ」「回復不可能な打撃を受ける」 終わったな…

コロナ禍を収束した体でBeyond Coronaのステージに無理やり突入した韓国だが、先行きは明るいどころか漆黒の闇であることが分かった。世界経済が回復しないまま米国主導で保護主義に突入することがニューノーマルとなる恐れがあるからだ。輸出依存度の高い韓国は生き残ることが難しい。加えて第2波、第3波のリスクもある。米ハーバード大の教授の警告を韓国は真剣に受け止めるべきと言えるだろう。

「韓国、危機はこれから」ハーバード大学の経済学者ロゴフ教授の警告
5/26(火) 17:43配信 中央日報日本語版

「韓国を含むアジア諸国が全般的にパンデミック1次危機に欧米よりもしっかり対処した。だがこれは短期的成果だ。長期的に見るとアジア諸国は大きな危機に直面している」。

ハーバード大学経済学科のケネス・ロゴフ教授の話だ。ロゴフ教授は中央日報とのメール インタビューで、「韓国などアジアの経済は輸出依存度が相当に高いという点で状況が良くない。これはアジア各国の経済状況が長く困難に陥るだろうという兆しだ」と指摘した。・・・

Q:韓国経済をどのように診断するか。

A:「韓国を含む一部アジア諸国が新型コロナウイルスのパンデミックの1次危機に欧米よりはるかにしっかり対処した。だがこれは短期的成果にすぎない。アジア経済の輸出依存度は非常に高いが、今後やってくるパンデミックによる危機でこれは良いシグナルではない。輸出は2つの理由でますます厳しくなるとみられる。景気回復が遅い速度で進むという理由と、その過程で各国が保護主義を採択する可能性が大きいためだ。アジアはもう次の質問に備えなければならない。米国が海外ではなく国内に目を向ける状況で再編される世界にどのように適応すべきか」。

Q:ブルームバーグとのインタビューで「いまわれわれは『オズの魔法使い』の主人公ドロシーのように嵐に巻き込まれどこに飛ばされるかもわからない」と話したが、嵐はいつごろ終わるだろうか。

A:「重要なことは嵐がドロシーの家をどこに連れていくかだ。新型コロナウイルスが世界化の前進と多くの長期マクロ経済の流れにブレーキをかけたということは明らかだ。今後が問題だが、世界化の後退によりこれまでわれわれが当然のことと受け止めてきたインフレとプラス金利の基調が逆転するのか、経済成長率はどれだけ落ちるのか、各国政府が直面したポピュリスト政策に対する圧迫で韓国経済のシステムそのものが変わるのか、のような根本的な質問に答えなければならない」。

Q:米連邦準備制度理事会(FRB)のクラリダ副議長らは「V字反騰」のような急反騰が7-9月期から可能だと主張しているが。

A:「V字反騰は可能でない。われわれの前に押し寄せる深い景気沈滞の谷において、単純な経済成長率を分析するのはとても立派な道具にはなれない。景気低迷に進入する前の1人当たり国内総生産水準を回復するのかが有効な尺度となる。7-9月期の経済成長率がV字のように反騰すると仮定してみてもこれは偽りの成長だ。すでに経済が50%急落したと仮定すると、その後に25%反騰したとして何の意味があるのか。最も重要なことはもうパンデミックがエンデミック(風土病)に進化したということで、ワクチンが開発される前に2~3次感染拡大があることという点だ。日常生活が再開されるといっても以前とは違ったスタイルで再開されるもので、中小企業は回復不可能な打撃を受けるだろう。単純な景気低迷ではない。世界経済システムの根本的改編につながるほかない打撃だ」。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200526-00000041-cnippou-kr

米ハーバード大学は韓国に毎回厳しい

厳しい話ですね・・・。アメリカのハーバード大学教授って、前もどこかで目にした気がします!
何の記事だったか忘れたが、比較的韓国に厳しい論調をとっていたと思う。

※黒井追記:2019年12月の記事であった。

今回も例に漏れず輸出依存度の高い韓国に対して重大な警告を発している。コロナ禍を収束させたからといって経済は元には戻らないということを韓国は早く意識しなければならない。
アメリカは、もう韓国は頼りにしないと思います・・・。半導体だって、アメリカで工場を作りますよね?
半導体は一例だが、他にも多くの企業を米国へと回帰させてあらゆるものを内製化するようになるだろう。昨日も同様の記事を取り上げたけど、韓国の雇用は失われる一方となるし生産基地ももはや役目を果たさなくなる。Beyond Coronaで生き残れるのはせいぜい2~3社だと思っている。
もし韓国が破綻したら、アメリカに行くだけでも大変になりそうですね・・・。今、国際便の航空チケットが値上がりしてるみたいです!
そうなのか?まったく調べてないんだが。後で見てみるわ。まあ今国際便に乗ろうなんていう強者はいないだろう。家の外に出ることさえリスクなのに国境をまたぐなんてとんでもない話だ。
韓国との国境を再開するなら、チケットを10万円以上にすればいいです!そうすれば、誰も来なくなります。
それはだめだ!それだと富裕層が来れてしまうだろ?つまりサムスン副会長の海外逃亡を手助けすることになる。意地悪クラブの財閥連中が大挙して日本に押し寄せてもいいのか?
そうですよね・・・。じゃあ、入国禁止は続けます!
まあそういう案出しは重要だよ。チケット10万円なら誰も来れないし国境開放しようとかいうよからぬ意見を先回りでつぶしたのはむしろ成果だ。

米国はもはや誰が大統領になってもリーダーシップを失う状況

記事の続きでは米国の大統領選が世界にどういう影響を及ぼすかも書かれている。このハーバード大の教授は現在の米国の状況もかなり厳しく判定していて、それは俺の認識とも近いと言える。

Q:11月の米国大統領選挙が世界経済に及ぼす影響に対する診断は。

A:「米国は今年大統領選挙でいつになく海外の状況に気を遣う余裕がない。パンデミック前にもそうだったが、いまはもっとそうだ。米国の融通性のあるリーダーシップがいつになく必要な時にこうなるのは残念なことだ。トランプ大統領のリーダーシップはすでに国際社会で米国がしてきた役割から抜け出しており、再選されるなら状況は悪化の一途だろう。バイデン前副大統領が当選するなら米国の役割を回復させることはできるだろうが、民主党内の派閥争いは変わらず問題として残っている。サンダース上院議員率いる民主党内の進歩陣営がトランプ大統領と同じ方式の反世界化基調を好むことも注目すべき部分だ。サンダース議員の政策は事実トランプ大統領とまったく同じだ。うわべだけ派手なだけだ」。
・・・

再選で、状況は悪化するだけ・・・?トランプ大統領、やっぱりダメなんですね。
対中強硬姿勢を表面化させたのは今月に入ってからだったね。5月6日に真珠湾の単語をようやく出して中国を激しく批判したが、俺の見立てではそれは1カ月半近く遅い。すでに米国は回復不可能なほど手痛い打撃を被ってしまい犠牲者数も100,000人を超えた。米国に今できることはすべての製品を内製化して保護貿易主義に戻ること、まさに教授が言うとおりだ。
そう考えると、民主党の方が逆に中国には強硬なのでは?
俺が記憶する限りではヒラリークリントン氏が最も強硬だったよ。日本ではなぜか対中融和ということにされてるけどそれは間違いだ。立つんだジョーバイデンも表面上は対中強硬姿勢を見せたが、その中身はおそらくトランプと大差ないと思われる。現状で経済面での問題がないから難なくトランプは再選されるだろう。
じゃあ、誰がやっても同じなんですね・・・。でも、中国への制裁には、期待したいと思います!
香港国家安全法が全人代で採択されればさすがに動くと思うよ。今はその手の内を明らかにせず中国の動きを待っている状況だ。米中通商合意が破棄されれば追加関税発動、前から分かっていたことだ。
もし関税発動なら、韓国経済はもっとダメージを受けますよね?意地悪クラブを、倒したいです!
サムスンでさえも再起不可能なほどの衝撃を受けることになると思う。香港の優遇措置の恩恵にあずかっていた企業には当然サムスンも含まれるからな。中国との取引は寸断され営業利益もかつてないほど落ち込む可能性もある。だがトランプ政権は必ずやるだろう。トランプ政権が持つ切り札であり、香港を通じて中国経済を破壊できると信じられているからだ。
間接的に香港を制裁して、中国を制裁してほしいです!トランプ大統領の決断に、期待したいです。

今そこにある危機に対応せず理想を掲げるだけの文在寅

ネットユーザーの反応です!

米欧や中国の景気が回復しないと、輸出も回復しない(IHさん)
・9月にはアメリカへの借金返済が待っています(9Lさん)
・対韓国の債権が不良債権になる前に、手を打つべきです。資金回収して投資を停止して合弁の解消をしましょう(BAさん)
・GDPの4割が輸出で、国内経済は小さい韓国。日本は10数%です(CCさん)
韓国はグリーンニューディールを評価してほしかったけど、この教授は内容に関しては論評を出していない(TNさん)

グリーンニューディール?初めて聞いたな。確かに記事最後に該当の記述があるが、的を射ない回答で困惑してる様子だ。さすが自国の理想を他人に押し付ける愛国日報ならではの質問と言える。

Q:韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「韓国式ニューディール政策」と「グリーン・ニューディール」を推進すると発表した。どのように評価するか。

A:「関連政策の細部内容のニュアンスを把握する時間が足りないのではっきり分析するのは難しい。しかし原則的に見ると、韓国のような高度に成長した経済で重要なのは経済成長動力を損ねずに景気を浮揚しなければならないということだが、そうした点で不平等問題と気候変動分野に方法を求めたのは正しい方向だ。だが先に迫るもっと大きな危機にうまく対処できるかがさらに重要だ」。

グリーンニューディールという政策自体は、アメリカの民主党が提唱していたみたいです!温暖化対策の法案みたいです。
聞こえがいい政策を思い付きで始めるだけだな。実に文在寅らしいと言える。今そこにある経済危機に対応しようという気持ちがまったく感じられないのは問題だね。これでは早晩韓国経済は危機に追い込まれるだろう。日本としてはどうでもいいし知ったことではないがな。
韓国の皆さん、愛国心を発揮するのはやめましょう!現実に目を向けてください!
日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!
(Visited 54 times, 1 visits today)
関連記事