中国政府「ゲームストリーミング企業は潜在的に危険だ!」 理由なく創業者を逮捕www

中国政府「ゲームストリーミング企業は潜在的に危険だ!」 理由なく創業者を逮捕www

中国の警察当局はライブストリーミングプラットフォームの運営を手掛ける闘魚(ドウユ・インターナショナル・ホールディングス)の創業者、陳少傑氏を拘束した。容疑は明らかではない。同国では巨大な民間セクターを脅かす説明のない幹部の取り締まりが相次いでおり、今回はその最新事例だ。同社にはテンセント・ホールディングス(騰訊)が出資。

  闘魚の21日の発表によると、南西部の都市、成都の警察は11月16日ごろにゲームストリーミング業界の大物である陳氏を拘束した。陳氏は行方不明になったと伝えられた後、数週間にわたって難しい立場にあったという。

  中国当局は反対意見の封じ込めや、メディアへの影響力を維持するための広範な活動の一環として、権力を維持する上で潜在的な危険性を持つと見なすインターネットコンテンツを定期的に取り締まっている。闘魚は国内最大級のストリーミングビデオサービスを運営し、ゲームに特化していることからしばしば米アマゾン・ドット・コムの「Twitch(ツイッチ)」と比較される。

このニュースを見てどう思いましたか?
  • 興味深い (8)
  • びっくり (4)
  • いいね (2)
  • 腹が立つ (2)
  • 役に立つ (0)

News U.S. レポート 会員専用サイト News U.S. レポート 会員専用サイト

中国政府「ゲームストリーミング企業は潜在的に危険だ!」 理由なく創業者を逮捕www

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics