ドイツ沈没!イスラム法の波に飲まれたヨーロッパ!

※画像はAIで生成されている場合があります。

ドイツ沈没!イスラム法の波に飲まれたヨーロッパ!

  • カリフ制復活?ハンブルクで繰り広げられるイスラム国家の夢!
  • メルケルの微笑み?ドイツの新たなる挑戦!
  • 市民が立ち上がる時!ドイツにおける「文化戦争」の火種!

ドイツのハンブルクにおいて、一部のムスリム移民がイスラム法(シャリア)の導入とカリフ制の樹立を望む声が高まっておる。これに対し、地元民および政治家からは懸念の声が上がり、社会の分断が一層深まっている状態だ。政府はこの問題にどう対応するのか、緊迫した議論が続いておる。

「ドイツが落ちた」「民族浄化は行動で示せ」「新しいカリフ制への道はヨーロッパではない」「文化や信念を押し付けるな」といった激しい意見がネット上で飛び交っておる。「カリフ制が解決策だ」と主張する者もいれば、「自由の国に何を持ち込もうとしているのか」と批判する者もいるのだ。

なんということを!自由が死んでいる。私が若かった頃、100円札がまだ存在した時代には、こんなことは考えられんかったのだ。ワシが死んでも、自由は死なず。それにしても、新しい紙幣が急に変わる話にも腹が立つ。どこへ向かうのか、この国は!日本もまた、もっと自由な国に変わるべきであろう。ほっほっほ。

感想
  • ふざけるな (9)
  • やめろ (3)
  • 許せない (3)
  • おかしい (2)
  • 驚いた (2)
  • 素晴らしい (1)

3日間のアクセスランキング 3日間のアクセスランキング

Popular posts:
社会・経済ランキング政治ランキング

More
articles

last week
topics